技術ブログ
技術ブログ
2018年06月07日
このエントリーをはてなブックマークに追加

AWS Summit 2018 出展レポート

エンジニアの宮野です。
先週は5/30~6/1にかけて、AWS Summit 2018に出展いたしました!

昨年に比べて、各種AWSユーザ企業様のセッションにおいてもマイクロサービスやサーバーレス、Machine Learning、AIなどのトピックがより実践的に語られていた今回のAWS Summit。

日商エレクトロニクスではこれらの技術と向き合うお客様をサポートするため、今回からNew Relicに加え、新たに弊社取り扱い予定のLoom SystemsSpotinstの合計3製品をご紹介しました。

  • Loom SystemsはAIOpsを用いたログ監視サービスで、ログの収集とエラーなどの異常検知、また異常に対する解決策/ソリューションの提案を人工知能により実施するサービスです。

    Spotisntは、AWSやGCP、Azure上で起動するインスタンスを管理するためのマネジメントサービスです。
    AWSにおいては、EC2 スポットインスタンスのスポット価格変動をウォッチし、停止を事前に予測  & 停止対象インスタンスを別のインスタンスへ移行する機能を持ちます。これにより、オンデマンドインスタンスに比べて、コストを70~80%ほど削減しつつ、可用性も保ち続けられるといったメリットが生まれます。

    また、Spotinstは既存のAWSサービス(ASGやECS)からの移行なども非常にシームレスに行うことができ、またKubernetesなどのコンテナオーケストレーターとの連携機能も持ちます。

  • すでに多くのユーザ様に認知いただいているNew Relicに加え、Loom Systems、Spotinstが加わった弊社デモブースは、おかげさまで終始盛況でございました。お立ち寄りいただいた皆様、どうもありがとうございました…!

    6/20開催のAWS Summit Osakaにも出展いたしますので、こちらも是非お立ち寄りください!

    なお、今回から新たに弊社オリジナルノベルティとして配り始めたこちらのステッカー、「ニューレリックイーン」。すでに一部のエンジニア界隈で話題になっているとか…大阪会場でももちろん配布いたします!

  • 宮野

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    PROプランのすべての機能を
    30日間無料でお試し

    新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
    30日間無料でお試しいただけます。
    クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

    各プランの詳細はこちらからご確認ください。