技術ブログ
技術ブログ
2017年03月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

AWS CloudWatchメトリックの収集方法(Plugins)

AWS CloudWatchのメトリックを収集したい場合、New RelicではPluginsとInfrastructureを使用することができます。

今回は、Pluginsを使用した方法について簡単に紹介したいと思います。Pluginsではカスタムで1からプラグインを作成することもできますが、NewRelicからAWSのPluginが提供されており、EBS/ELB/RDS/ SQS/SNS/ElastiCache のメトリックを収集すことができます。

メトリック収集用に別途サーバが必要ですが、New Relic Plugin for AWSのAMIが無料で用意されているのでEC2の料金のみですぐに使用する事ができます。GitHubにもPluginが公開されていますので、既存EC2インスタンスにインストールして使用することもできます。インストール方法の詳細についてはReadmeに記載がありますので省略させていただきます。

設定方法ですが、下記内容が必要となり設定ファイル(config/newrelic_plugin.yml)に定義します。

  • New Relicのlicense_key
  • AWSのaccess_keyとsecret_key
  • 使用するAWSサービス (ec2,ebs,elb,rds,sqs,sns,ec,ecr)

デーモンを起動すれば、PluginsにAWSのメトリック情報を表示させることができます。

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

dxtomochika 海外の新しい製品・サービスなどを検証して紹介します。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。