技術ブログ
技術ブログ
2018年01月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加

New Relic 認定資格

今回は、無料で受験できるNew Relicの認定資格のご紹介です。

昨年10月頃に、New Relic University(NRU)にCertification Centerと呼ばれる認定資格に関するサイトが公開されました。現時点では、New Relic Certified Performance Proと呼ばれるアプリケーションパフォーマンス(APM)の認定試験1つのみ用意されております。

下記リンクから無料で受験でき、合格すると認定証明可能な証明書とバッジをAccredibleで得ることができます。試しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

New Relic University Certification Center

簡単な試験概要を下記に記載しますが、詳細はNew Relic Certified Performance Proをご確認ください。

概要
  • 問題数 35問
  • 合格点 80%以上
  • テスト時間 90分
  • 英語のみ
  • 試験受験料無料
  • 再試行回数:90日間以内の再試行回数が3回まで(最大)
  • 認定は2年後に失効
プログラム概要
  • データ、主な機能、構成設定を見つけて理解できる
     アプリケーション・パフォーマンス監視の基本概念を理解する
     APM UIの理解とチャートデータの解釈
     基本的なセキュリティの考慮事項を理解する
  • New Relicのモニタリングを実装し、完全に機能するアカウントをセットアップできる
     New Relicに報告するアプリケーションをすぐに入手できる
     通知のしきい値(apdex、アラート・ポリシー、および通知チャネル)を構成できる
     サービスマップの機能と使用例を理解する
  • New Relicを使用して、パフォーマンスを監視・改善、パフォーマンス問題を修正できる
     APM UIのデータを使用する – ダッシュボードとチャート – 重要・緊急な問題を解決する
     パフォーマンスデータを収集するためにすべてのAPM機能を完全に実装できる
  • New Relic ツールと機能を使用して、データをカスタマイズし自動化を実装できる
     高度な機能を使用して詳細なパフォーマンスデータ(スレッドプロファイリングやx-rayセッションなど)を収集できる
     New Relic REST APIの理解と使用
学習方法
このエントリーをはてなブックマークに追加

PROプランのすべての機能を
30日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
30日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。