技術ブログ
技術ブログ
2019年12月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

【新機能】New Relic Lambda monitoring機能のご紹介

こんにちは。日商エレクトロニクス 藤井です。

New Relic が「IOpipe」という会社を買収したのはご存じでしょうか。
IOpipe社はLambdaモニタリングサービスを提供するシアトルのスタートアップで、Erica Windisch氏とAdam Johnson氏によって設立されました。この買収によりIOpipeのメンバーがNew Relic開発に加わり、New RelicLambdaモニタリング機能強化されました。2019年に11月にNew RelicはIOpipeの買収を発表したのですが、同月中にすでにIOpipeの機能がNew Relicの機能に統合されるというこのスピーディーさ!さすがSaaSベンダーです。当社もこれまでも数々のベンダーの買収をみてきておりますが、New Relic社のスピード感、他者を受け入れる起業文化には目を見張るものがあります。

同年12月第一週に開催されたAWSのre:invent2019のNew RelicブースにはAdam Johnson氏もPrincipal Product Manager-Servelessとしてアテンドされており、New Relicのメンバーとして精力的に活動されていました!ということで今回はNew Relicの新サーバーレスモニタリング機能をご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

New Relic のLambda monitoring機能とは?

2019年春にすでにNew Relicの新機能としてLambdaモニタリング機能がリリースされておりましたが、先に述べたとおりIOpipeの買収によって同年11月に機能、アーキテクチャが大きくアップデートされました。

<New Relic Lambda monitoringで可視化できる機能、情報>
・Lambda関数のすべての呼び出し(期間、コールドスタート、例外、トレースバックなどのパフォーマンスデータを含む)
・他のAWSサービスの呼び出し(SNSトピックでのメッセージの発行、DynamoDBテーブルに配置されたアイテムなど)、およびそれらのサービスの操作とターゲット。
・分散トレーシング:Lambdaにつながったリクエストのパスを確認し、他の分散トレースでLambdaスパンを確認します。
・Lambdaをトリガにしたソースの情報

データの収集方法は?

以前の機能ではNew RelicのInfrastructure機能を使用し、Lambdaのメトリクスを取得していたのですが、そのデータは平均化されており抽象的なものでした。しかしIOpipeの機能がNew Relicに搭載されたことによって、詳細データが取得できるようになったのです。データの取得方法も大きく変わり、Lambdaのファンクション単位でエージェント方式で入れるようになりました。インストール方法は環境によって手順が異なりますが、ドキュメントに記載されておりますのでこちらを参考にインストールしてみてください。

Lambdaのパフォーマンスデータは以下の流れで取得されます。
1.Lambda関数は、New Relic APMエージェントのAPI呼び出しで計測されます。Lambdaが呼び出されると、ログデータがCloudWatchに送信されます。
2.CloudWatchはLambdaのログデータを収集し、New Relicのlog-ingestion Lambdaに送信します。
3.log-ingestion LambdaはそのデータをNew Relicのサービスへ送信します。

ライセンス体系は?

Lambdaでのイベント回数によって課金されます。New Relicのウェブサイト上では百万イベントにつき、月額$15となっておりますが、当社からの販売価格については決まりましたらウェブサイトでお知らせさせていただきます。お急ぎのかたは当社のウェブサイトよりお問い合わせをお願いいたします。

 

最後に

利用要件や利用方法等の詳細情報はNew Relicの公式ドキュメントをご確認いただければ幸いです。Lambdaをお使いのお客様の増えてきたので、ぜひお試しいただければと思います。今後はAzure FunctionsやGCP Functiionsへの対応も期待したいところですね!

最後に、弊社メンバーがre:inventのNew Relicブースに立ち寄った際、とても親切に気さくに対応していただいたAdam氏にこの場をかりて感謝を申し上げたいと思います。

Thank you for your great hospitality, Adam-san ! You gave us the polite customer service even though I visited the AWS re:Invent New Relic booth many times and asked questions.
From Nissho New Relic Team.

このエントリーをはてなブックマークに追加

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。