New Relic の導入効果

New Relic の導入効果

New Relicの導入により、リリース時の影響をリアルタイムに検知し、そのルートコーズを即座にアプリケーションのコード・レベルまでドリルダウンし、バグの箇所が迅速に特定できるようになります。また動的に変化するインフラおよびアプリケーションを容易に一元監視できるようになり、迅速で適確な障害対応およびサイジングの最適化が図れるようになります。New Relicを開発と運用共通のテスト、監視、分析ツールとして活用することで、開発と運用の担当者間における情報の共有化と相互理解が進み、双方の効率化が図れます。

開発

運用

  • アジャイル開発(CI/CD)

    アジャイル開発(CI/CD)

    リリース時のサービス影響およびルートコーズ分析が迅速化され、継続的な開発とデプロイに重点を置いたサービス展開が可能になります。
  • クラウドネイティブ

    クラウドネイティブ

    動的に変化するインフラおよびアプリをリアルタイムに相関監視でき、アプリに応じたインフラ状況や構成把握が簡易化および高度化され、クラウドの健全性とサイジングの最適化が図れます。
  • マイクロサービスアプリケーション

    マイクロサービス
    アプリケーション

    マイクロサービス・アプリ開発の複雑性を取り除き、サービス更新やサービス追加に伴うアプリ全体の健全性とサイジングの最適化が図れます。
  • DevOps

    DevOps

    フルスタックの深い知見を必要とせず、開発と運用の情報共有および相互理解が進み、双方で重複したタスクの排除、双方の領域にまたがる自動化により、アプリ展開の生産性が向上します。
  • コンテナ監視

    コンテナ監視

    プロセスの必要性に応じて起動されプロセスの終了とともに破棄される動的コンテナの監視が簡易化および高度化され、コンテナ単体でなくワークロード単位で監視可能になります。
  • フロントエンド&ネイティブアプリ開発

    フロントエンド
    &ネイティブアプリ開発

    フロントエンド&ネイティブアプリの稼働状況やボトルネックをリアルタイムに可視化することで、UXの改善や迅速なトラブルシューティングを実現できます。
  • クラウドマイグレーション

    クラウドマイグレーション

    オンプレミスからクラウドへの環境移行において移行前の現状把握から移行過程における影響分析、移行後の最適化まで一貫してサポートできます。
開発
  • アジャイル開発(CI/CD)

    アジャイル開発(CI/CD)

    リリース時のサービス影響およびルートコーズ分析が迅速化され、継続的な開発とデプロイに重点を置いたサービス展開が可能に。
  • マイクロサービスアプリケーション

    マイクロサービス
    アプリケーション

    マイクロサービス・アプリ開発の複雑性を取り除き、サービス更新やサービス追加に伴うアプリ全体の健全性とサイジングが最適化。
  • フロントエンド&ネイティブアプリ開発

    フロントエンド
    &ネイティブアプリ開発

    フロントエンド&ネイティブアプリの稼働状況やボトルネックをリアルタイムに可視化することで、UXの改善や迅速なトラブルシューティングを実現。
運用
  • DevOps

    DevOps

    フルスタックの深い知見を必要とせず、開発担当者と運用担当者の情報共有および相互理解が進み、双方で重複したタスクの排除、双方の領域にまたがる自動化により、アプリ展開の生産性が向上。
  • クラウドネイティブ

    クラウドネイティブ

    リリース時のサービス影響およびルートコーズ分析が迅速化され、継続的な開発とデプロイに重点を置いたサービス展開が可能に。
  • コンテナ監視

    コンテナ監視

    マイクロサービス・アプリ開発の複雑性を取り除き、サービス更新やサービス追加に伴うアプリ全体の健全性とサイジングが最適化。
  • クラウドマイグレーション

    クラウドマイグレーション

    オンプレミスからクラウドへの環境移行において移行前の現状把握から移行過程における影響分析、移行後の最適化まで一貫して支援。

PROプランのすべての機能を
30日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
30日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。