.NET agentの互換性と要件
.NET agentの互換性と要件

.NET agentの互換性と要件

.NET agentは、非IIS .NETアプリの一部を含む全ての.NETプロセスに対して構成できます。このエージェントは監視対象のプロセス内で実行され、エージェントに関連した別のプロセスやWindowsサービスはありません。.NET agentは多彩な.NETフレームワーク、OS、アプリフレームワークをサポートしています。
New Relicの.NET agentをインストールする際には、システムが以下の要件を満たしていることを事前にご確認ください。

.NETバージョン

.NETバージョン3.5以上

.NET4.0以上のみをインストールした場合を除き、対象ホストには、ご自身でインストールしたバージョンの.NETの他に.NETバージョン3.5がインストールされているはずです。

サポートされているCLR

  • 2.0(Azure Web Appsには非対応です)
  • 4.0

対象システムのアプリのいずれかに.NET 1.1を使用している場合は、該当するアプリのインストルメンテーションが『instrument=”false”』のapplicationPool 設定で無効化されていることをご確認ください。.NET agentは、.NET 1.1アプリにおいてクラッシュの原因となり得ます。

サポートされている.NETフレームワーク

  • .NET Framework 2.0
  • .NET Framework 3.0
  • .NET Framework 3.5
  • .NET Framework 4.0
  • .NET Framework 4.5
  • .NET Framework 4.6

対象システムのアプリのいずれかに.NET 1.1を使用している場合は、該当するアプリのインストルメンテーションが『instrument=”false”』のapplicationPool 設定で無効化されていることをご確認ください。.NET agentは、.NET 1.1アプリにおいてクラッシュの原因となり得ます。

OS

  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2(64ビットのみ)
  • Windows Server 2012(64ビットのみ)
  • Windows Server 2012 R2(64ビットのみ)
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows Azure(OS Family 1、2、および3)

New RelicはWindows XP、.NET 1.x、およびWindows RTをサポートしていません。

アーキテクチャ

New Relic for .NETは、32ビットおよび64ビット両方のバージョンで利用可能です。64ビットのシステムでは、64ビットのエージェントは32ビットおよび64ビット両方のアプリケーションをインストルメント化できます。

ユーザー権限

.NET agentには、Windowsの管理グループで管理者権限(ユーザー権限ではありません)が必要です。管理者ユーザーとしてログインして管理者グループのメンバーになるか、(OSが新しい場合は)プロンプト時に昇格の資格情報を提供することができます。
New Relicでは、newrelic.configファイルの読み取り/書き込みのアクセス許可は、アプリサーバーのプロセス所有者のみに制限することを推奨しています。

データストア

.NET agentは、以下のデータストアについて.NETアプリケーション呼び出しのパフォーマンスを監視します。

  • MongoDB ー バージョン1.10.0以前のドライバーを使用している場合
  • MySQL
  • Oracle
  • PostgreSQL(Npgsql .NETデータプロバイダー)
  • ServiceStack.Redis
  • SQL Server
  • StackExchange.Redis
  • IBM DB2
  • Couchbase: SDK version 2.x.

Couchbaseでは、『Get(string key)』、『GetDocument(string key)』、『Remove(string key)』、『Remove(string key, ulong cas)』、『Upsert<T>(string key, T value)』は、対応する複数ドキュメントに配慮して規定ではインストルメント化されません。

.NET agentは、データストアのプロセスを直接的には監視しません。また、クエリトレース内の.NET SQLパラメーターキャプチャは、パラメーター化クエリまたはストアドプロシージャのパラメーターをリスト化しません。

アプリのフレームワーク

以下のフレームワークがサポートされています

  • ASP.NET MVC 2
  • ASP.NET MVC 3
  • ASP.NET MVC 4
  • ASP.NET MVC 5
  • ASP.NET Web API v2
  • ASP.NET Web Forms
  • Castle MonoRail v2(Monoとは異なります)
  • SOAPベースのウェブサービス
  • WCF IISおよびセルフホストのサービス

以下のフレームワークは完全にはサポートされていません

  • ASP .NET Web API v1:.NET Framework 4.0を対象としたアプリについて、New Relicの.NET agent 5.0以上とASP .NET Web API v1を同時に使用する場合のトラブルシューティング情報をご参照ください。( .NET Framework 4.5以上には影響しません。)
  • Mono:現在、New RelicはMono(Linux上で実行されるオープンソースの.NETフレームワーク)をサポートしていません。理由は、Monoベース.NETアプリケーションのプロファイラーとしての.NET agentに挿入するプロファイラーAPIが無いためです。プロファイラーAPIはコンポーネント オブジェクト モデル(COM)ベースのインターフェースであり、Linuxでサポートされていません。

以下のフレームワークはサポートされていません

  • Classic ASP:本エージェントは.NETベースのアプリのみをインストルメント化するため、サポートしていません。

メッセージング

New Relic for .NETは以下のメッセージングシステムを監視します。

  • MSMQ:メッセージに関する入出力
  • NServiceBus 5.0以上:メッセージに関する入出力およびクロス アプリケーション トレース
  • RabbitMQ 3.5以上:メッセージに関する入出力およびキューの消去。『IBasicConsumer』を使用してメッセージを受信する場合は、.NET agentによってインストルメント化される実装は『EventingBasicConsumer』のみとなります。

CMS

New Relic for .NETは以下のコンテンツ マネジメント システムをサポートしています。

  • EPiServer
  • Umbraco(バージョン6.1.6以上)

セキュリティー要件

基本的なデータ収集のセキュリティー対策として、アプリサーバーはSHA-2(256ビット)をサポートしている必要があります。SHA-1はサポートされていません。

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。

  • .NET agentのインストール(GUI経由でのインストール、またはコマンドライン経由での「サイレント」インストール)
  • New Relic for .NET(.NET agentの概要)
  • .NETアプリに名前を付ける(アプリの名前を指定する)

New Relicオンライン テクニカル コミュニティの.NETモニタリングに関するディスカッションに是非ご参加ください! テクニカルコミュニティは、New Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。