エラー分析:エラートレースを管理する
エラー分析:エラートレースを管理する

エラー分析:エラートレースを管理する

エラー分析:エラートレースを管理する

New Relic APMのエラー分析ページには、エラートレースに関する詳細情報が含まれます。デフォルトでは、エラートレース表はトランザクション名とエラークラスによってグループ分けされた最新のエラートレースを表示します。トレースのフィルター、ソート順の変更、選択したトレースのより詳細なエラー情報のドリルダウンも可能です。下記も含まれます:

  • スタックトレース詳細
  • スタックトレースの基になるフレームワークコード
  • 特定のエラー発生に関連するNew Relic Insightsのデフォルト属性カスタム属性
  • 関連するトランザクション(New Relic APMのトランザクションページへのリンク経由)

New Relicと統合されたチケットシステムをお持ちの場合、関連するチケットやストーリーも表示可能です。また、JIRA、Lighthouse、Pivotal Trackerでの新しいチケットもしくはストーリーの発行も可能です。

この機能へのアクセス可否はサブスクリプションレベルに依存します。

エラートレースの詳細を表示する

APM > アプリケーション > (選択したアプリ) > イベント > エラー分析 > (選択したトレース):エラートレース表から、任意のエラートレースを選択します。選択したエラーのスタックトレース詳細から更にドリルダウンするには、フレームワークコードを表示するを選択します。

New Relic APMのエラー分析ページからエラートレースの詳細を調べ、対応するには:

  1. rpm.newrelic.comから、APM > アプリケーション > (選択したアプリ) > イベント > エラー分析を選択します。
  2. エラートレースから、選択した期間におけるエラートレースの一覧を確認します。
  3. ソート順を変えるには、任意の列のヘッダーを選択します。
  4. スタックトレースやフレームワークコード、ホスト、タイムスタンプ、URL、New Relic Insightsのデフォルト属性カスタム属性を含む特定のトレースの詳細を表示するには:
    エラートレースから、トランザクション名を選択します。
  5. 関連するトランザクションの詳細を表示するには:
    トレース詳細のエラートレース名の下から、トランザクション名を選択します。
  6. エラートレース詳細を共有するには、Lighthouse、Pivotal Tracker、JIRAいずれかのチケット統合リンクを選択します。
  7. 既に発行されたJIRAチケットもしくはPivotal Trackerストーリーを表示するには、関連するチケットを選択します。
  8. エラー分析ページに戻るには、エラーを選択します。

エラーカテゴリーに、特定期間中に関連付けられたトレース詳細がない場合、カテゴリーは灰色になり、選択することができません。エラーフィルターを削除するか、時間ウィンドウを拡張してください。

エラートレースを無効化する

特定のエラーがNew Relicに報告されないようにするには、エージェントの設定ファイルにて無効化します。多くのエージェントでは、特定のエラーコードを無視するか、エラーを完全に無効化することが可能です。詳細に関しては、特定のエージェントの設定ドキュメンテーションをご覧ください:

Go(該当なし;エージェントは設定された場合のみエラーを報告します)
Java
.NET
Node.js
PHP
Python
Ruby

 

エラートレースを削除する

エラートレースは、削除後は復元できません。

目的 手順
アプリの全てのエラートレースを削除する
【所有者もしくは管理者】

アプリの全てのエラートレースを削除するには:

  1. rpm.newrelic.comから、APM > アプリケーション >(選択したアプリ) > イベント > エラー分析を選択します。
  2. 全てのエラーを削除するを選択します。
アカウントの全てのエラートレースを削除する New Relicアカウントの全てのエラートレースを削除するには、support.newrelic.comでサポートを受けてください。
個別のエラートレースを削除する 個別のエラートレースを削除するには、New Relic APMのエラーページを使用してください。

エラートレースの削除に加え、トランザクショントレースもしくはデータベースもしくはスローSQLトレースを削除する場合、他のアプリケーションデータ(Apdex、デプロイメント情報等)は保持されますが、重要データも削除される可能性があります。

 

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。

  • エラー分析:互換性と要件(New Relicのエラー分析機能を使用する要件です。イベントやメトリクス表示、エージェントバージョン、データ保持、エラーレポーティングの上限を含みます)
  • エラー分析:エラーの背景にあるイベントを調べる(アプリエラーの詳細な調査です。フィルターやグループ分けできる概要データ、アラートやカスタムInsightsイベントに関連する可能性のあるトップエラー、トレース詳細、特定期間における頻度のパターンを含みます)
  • Insightsのエラー イベント デフォルト属性(エラーイベントでキャプチャされた属性の一覧)
  • カスタム属性を収集する(全てのトランザクショントレース、ブラウザートレース、エラー記録を含む標準HTTP属性とカスタム属性をキャプチャおよび表示します)

New Relic オンラインテクニカルコミュニティー での New Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください ! テクニカルコミュニティーはNew Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。