APMエラーとエラートレースを表示する(レガシ)
APMエラーとエラートレースを表示する(レガシ)

APMエラーとエラートレースを表示する(レガシ)

APMエラーとエラートレースを表示する(レガシ)

2015年12月1日、 Java、Node.js、PHP、Python、Rubyの最新agentバージョンをご利用のお客様向けに、APMの新しいエラーページをリリースしました。このドキュメントは古いエラーページです。古いエラーページは、エラー分析体験のため将来的に削除されます。

New Relic APMのエラーページでは、選択した期間内のエラー率パーセンテージのチャートが表示されます。また、エラーメッセージ一覧も表示されます。詳細の表示およびドリルダウン、検索とソートオプションの使用、エラーの非表示もしくは削除、他者との共有、チケットの発券が可能です。

エラーチャートは、選択したアプリの概要ページにも表示されます。チャートにエラーが表示されている場合、そのエラー率のタイトルを選択し、直接このエラーページへ移動することが可能です。

 

エラーページを使用する


アプリのトラブルシュートのために、トランザクショントレースとトレースされたエラーの使用について学ぶには、このビデオをご覧ください(約16分)。

 

エラーページを表示する


APM > (選択したアプリ) > イベント > エラー:これは、エラーページと選択したエラーのメッセージ詳細の例です。

表示、検索オプションの使用、エラーの削除を行うには:New Relicメニューバーから、APM > (選択したアプリ) > イベント > エラーを選択します。New Relicの標準ユーザーインターフェース機能ページ機能のいずれかを使い、詳細情報をドリルダウンします。

 

エラー詳細を選択する

エラーページ上のエラーメッセージの詳細を表示するには、メッセージリンクを選択します。ここから、下記が可能です:

  • エラーメッセージをEメールで他者と共有します。
  • チケットを発行します(例えば、Lighthouse、Pivotal Tracker、JIRA)。
  • エラーを削除もしくは非表示にします。
  • エラーページへ戻ります。

ヒント:一般的な記録のクリーンアップを実施する場合、トランザクショントレースもしくはデータベースクエリの削除も実施するかもしれません。この場合、他のアプリケーションデータ(Apdex、デプロイメント情報等)は保持されますが、重要なデータが削除される可能性があります。

New Relicエージェントはエラーメッセージのサンプルのみを収集するため、表示されるエラーメッセージの数は、エラー率チャートにカーソルを合わせた際ツールヒントに表示される全エラー数とは異なる場合があります。

エラートレース詳細

これはエラートレース詳細ページにて表示されるデータの概要です。例のページのラベルは、参照できるデータを特定するため使用されます。

ラベル 説明
時間 エラーが発生した時間です。
インスタンス エラーが報告されたアプリケーションのインスタンスです。フォーマット:
『サーバー名(アプリケーション名)』
カウント 選択した期間内にてエラーメッセージが発生した数
類似したエラー ここに表示される数プラス『数』が、選択した期間内にこのエラーが発生した全回数です。矢印で、期間を変更できます。
エラーメッセージ 選択したエラーメッセージのテキストです。トレース詳細ページの一番上にも表示されます。
サンプル スタック トレース エラーから生じたトレースバックです。

 

エラートレースを無効化する

New Relicに報告したくないエラーがある場合、エージェントの設定ファイルにて無効化できます。多くのエージェントでは、特定のエラーコードを無視するか、エラーを完全に無効化することが可能です。詳細については、特定のエージェントの設定ドキュメンテーションをご覧ください:

  • Java
  • .NET
  • Node.js
  • PHP
  • Python
  • Ruby

エラートレースを削除する

一度削除したエラートレースは復元できません

目的 手順
個別のエラートレースを削除する 個別のエラートレースを削除するには:

  1. New Relicメニューバーから、【APM > アプリケーション > (選択したアプリ) > イベント > エラー > (選択したエラーメッセージ)を選択します。
  2. このエラーを削除するを選択します。
アプリの全てのエラートレースを削除する 所有者もしくは管理者
選択したアプリの全てのエラートレースを削除するには:
  1. New Relicメニューバーから、APM > アプリケーション >(選択したアプリ) > イベント > エラーを選択します。
  2. 全てのエラーを削除するを選択します。

アカウントの全てのエラートレースを削除するNew Relicアカウントの全てのエラートレースを削除するには、サポートを受けてください。

エラートレースの削除に加え、トランザクショントレースもしくはデータベースもしくはスローSQLトレースを削除する場合、他のアプリケーションデータ(Apdex、デプロイメント情報等)は保持されますが、重要データも削除される可能性があります。

 

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。

  1. カスタム属性を収集する(標準HTTP属性ならびにカスタム属性や全てのトランザクショントレース、ブラウザートレース、エラー記録をキャプチャおよび表示します)
  2. チケット統合(Atlassian JIRAの問題、Lighthouseチケット、Pivotal TrackerストーリーをNew Relicのトランザクショントレース、エラー、ノートから作成する方法)

New Relic オンラインテクニカルコミュニティー での New Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください ! テクニカルコミュニティーはNew Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。