リクエスト キュー サーバー設定例
リクエスト キュー サーバー設定例

リクエスト キュー サーバー設定例

リクエスト キュー サーバー設定例

リクエストキューイングを報告するため、New RelicエージェントはフロントエンドWebサーバー(ApacheもしくはNginx等)もしくはロードバランサー(HAProxyもしくはF5等)によって設定されたHTTPヘッダーに依存します。
この例では『X-Request-Start』を使用しています。プラットフォームにかかわらず幅広いサポートがあるためです。
もし実環境でのサーバー設定にて上手くいかない場合は、『X-Queue-Start』を使用してみてください。構文はそれでも同様となります。

 

Apache

Apacheのmod_headersモジュールには、正しくフォーマットされた『%t』 変数が含まれます。リクエスト キュー レポーティングを有効化するには、次のコードをApache configに追加します:

 

Nginx

Nginxバージョン1.2.6以降とRuby、Python、PHP agentいずれかの最新バージョンを使用している場合、Nginxがキュー時間をレポートするよう設定するのは容易です。(Nginxバージョン1.2.6以前の場合は、Nginxをモジュールもしくはパッチで再コンパイルする必要があります。)

Nginx1.2.6以降の設定には、ミリ秒精度の秒数である『${msec}』 変数が使用されます。詳細に関しては、http://nginx.org/en/docs/http/ngx_http_core_module.html#variables をごらんください。

Nginx configに該当する情報を追加します:

Nginx設定
General Nginx use
Passenger バージョン5以降:

古いバージョン:
fastcgi
uWSGI

 

Varnish

New Relicユーザーがヘッダーに追加するVarnishのパッチ作成に貢献してくれました。Jacob、ありがとう!

 

F5ロードバランサー

F5ロードバランサーでは、次の設定スニペットを使用します:

 

ネットワークタイミング

リクエストキューイングが設定されても、フロントエンドサーバーの設定がページ読み込みタイミング(リアル ユーザー モニタリングもしくはRUMと呼ばれる場合もあります)のネットワーク時間に影響を与える場合があります。これは、フロントエンドサーバーが、リクエストを実際に受諾および処理してからでないと、キューイング時間ヘッダーを追加しないことが原因です。
キューイング時間ヘッダーは、リクエスト受諾のため使用されるリスナーソケットのバックログを構成することはありません。例えば、フロントエンドサーバーの設定が、リスナーソケットにキューしているリクエストのバックログに起因する場合、ページ読み込みタイミングはネットワーク時間の増加を表示します。

 

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。
リクエストキューイングとフロントエンド時間の追跡(New Relicユーザーインターフェースのリクエストキュー情報表示とクロックスキュー構成の概要)
リクエスト キュー レポーティングを設定する(New Relicエージェント用設定ガイド)

New Relic オンラインテクニカルコミュニティー での New Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください ! テクニカルコミュニティーはNew Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。