APM概要ページ
APM概要ページ

APM概要ページ

APM概要ページ

New Relic APMの概要ページは、選択したアプリに関する一般的な情報を提供します。これにはトランザクション時間、Apdexスコア、CPU使用率、スループット(分ごとのリクエストもしくはrpm)、トランザクション、エラー率、最近のイベント、ホストが含まれます。

アプリの概要ページを表示する

New Relic APMのユーザーインターフェースを利用するには:

  • rpm.newrelic.comから、APM > (選択したアプリ)を選択します。選択したアプリのモニタリング > 概要ページが自動的に表示されます。
  • アカウントのアプリケーションインデックスからアプリを選択するには、アプリケーションリンクを選択してください。
  • アプリ一覧を検索、もしくはフィルターするには、アプリのドロップダウンを選択してください。

 

アプリのパフォーマンスを表示する

概要ページにて、Webサイトのパフォーマンスを一目で理解しましょう。

【概要チャート】

いくつかのチャートには、New Relic APMページへのリンクが含まれます。リンクから追加の詳細情報を確認できます。

APM概要チャート コメント
トランザクション応答時間 このスタックチャートは、アプリのWebもしくは非Webトランザクションの応答時間を示しています。チャートのセグメントはどのエージェントを利用しているかによって異なります。いくつかのチャートには応答時間の独立した行があり、応答時間と全ての時間の関連性を示しています。
Apdexスコア このチャートは選択された時間内での、Apdex T値に基づくアプリのパフォーマンスを測定します。追加の詳細情報を表示するには、クエスチョンマーク、もしくはチャートのエンドユーザーアプリサーバー行にカーソルを合わせてください。
スループット このチャートはWebもしくは非Webトランザクションの毎分のリクエストを示しています。トランザクションタイプを変更するには、チャートのドロップダウンの矢印からトランザクション応答時間を選択し、Webもしくは非Webを選択してください。
エラー率 このチャートは現在の時間枠におけるエラー数を示しています。エラー率にカーソルを合わせた際表示されるツールヒントは、Webおよび非Webトランザクションを合わせたスループットを表示しています。エラー率がどう計算されているのかについては、アプリケーションエラー率例をご覧ください。

 

イベントマーカー
メインの概要 チャート上のマーカーは、イベントとアプリの変更点を表示しています:
  • 縦線:Apdexの設定が変更されました。
  • 青 縦線:デプロイメントマーカーが作成されたか、アプリの設定変更等別のイベントが発生しました。
  • 赤 縦線もしくはエリア:機能停止したか、アラートしきい値を超えました。
追加情報を確認するには、マーカーにカーソルを合わせてください。
詳細をドリルダウンする
New Relicの標準ページ機能を利用し、詳細情報を確認しましょう。下記はAPM概要ページの追加オプションの要約です。
目的 手順
メインチャート上のデータの表示方法を変更する チャート名のドロップダウンの矢印を選択し、表示オプションを選択するを選択します。もしあればヒストグラムもしくはパーセンタイル値を含めます。
アプリのApdexスコアのしきい値レベルを表示する Apdexスコアの?マークにカーソルを合わせます。非Webアプリでは、Apdexがこのアプリのクラスに該当しないため、Apdexチャートは表示されません。
トランザクション時間、Apdex、スループットの傾向を表示する 昨日および先週と比較するのチェックボックスを選択します。
チェックボックスはいますぐ終了というタイムピッカーウィンドウでWebトランザクション応答時間チャートを表示している時のみクリック可能です。ヒストグラム、パーセンタイル値、カスタマイズされた日時を表示している時にチェックボックスは表示されません。
最後のデプロイメントからのアプリパフォーマンスを表示する タイムピッカーから、最終のデプロイメントからのパフォーマンスを選択します。全てのデプロイメントに関する詳細情報については、デプロイメントページを選択します。
トランザクションページを表示する APM 概要ページのトランザクションテーブルの見出しを選択します。もしくは、特定のトランザクションの詳細(操作やトランザクショントレースキートランザクションを含む)を表示するには、名前を選択します。
データベースもしくは外部サービスページを表示する Webトランザクション応答時間チャートの関連する時間帯をクリックします。
APM概要ページのエラー率チャートの題名を選択します。エラーページは、APM > (選択したアプリ) > イベント > エラーからも確認できます。
ブラウザー詳細
ページ読み込みのタイミングに関するブラウザー詳細(リアル ユーザー モニタリングもしくはRUMと言及される場合もあります)を表示するには、ブラウザー設定から本機能を有効化する必要があります。
しかし、アプリが一度もブラウザー モニタリング データをレポートしたことがない場合、まずアプリケーション設定から有効化する必要があります:
  1. rpm.newrelic.comから、APM > (選択したアプリ) > 設定 > アプリケーションを選択します。
  2. New Relic Browserセクションから、ブラウザーモニタリングを有効化しますか?のチェックボックスを選択します。
  3. ブラウザーモニタリングとサーバーリクエスト用のApdex値を選択するか、デフォルトのままにします。
  4. オプショナル:ブラウザーモニタリングする最大5カ国もしくは地域を《地域》ページにてハイライトします。
  5. アプリケーション設定を保存するを選択します。
  6. 追加機能を有効化する場合は、ブラウザー > (選択したアプリ) > 設定から《標準手順》を実施します。
ページ読み込みタイミングが設定されたら、APM 概要ページはアプリに対応するブラウザー概要ページにて、要約情報と詳細情報への直接リンクを提供します。
  • ブラウザーページ読み込み時間とチャート詳細を表示するには、メインチャートのブラウザーリンクを選択します。
  • ブラウザーのApdexスコアを表示するには、Apdexチャートのブラウザーリンクを選択します。

APM > (選択したアプリ) > モニタリング > 概要:アプリもしくはApdex値でアプリサーバーとブラウザー間で表示を切り替えるには、リンクを選択します。

アプリパフォーマンスをリソースにリンクさせる

APM概要ページでは、アプリのホストとインスタンスに関するデータの表を表示しています。この表には以下が含まれます:

  • Apdex
  • 応答時間
  • スループット
  • エラー率
  • CPU使用率
  • メモリ

このオプションを利用し、個別のホスト等システムのアーキテクチャとリソースに関するアプリのパフォーマンスを調べましょう:

  • New Relic InfrastructureもしくはNew Relic ServersのAPM概要ページの一番下の表から、調べたいものを選択します。
  • それぞれについて、表の表示もしくは細分化したメトリック詳細を見比べます。
  • もし該当する場合は、サーバーもしくはJVMのAPM概要ページの一番上にあるドロップダウンから調べたいものを選択します。

 

New Relic Infrastructureホスト詳細
環境でのアプリパフォーマンスの全コンテキストを理解するため、New Relic APMはアプリケーション内部からパフォーマンスを表示するというオプションを含みます。また、アプリケーション外部からも、New Relic Infrastructureエージェント経由で表示が可能です。
リソースの視点からの詳細情報を表示するには、任意のホストリンクをクリックしてください。リンクから、New Relic Infrastructureの コンピュート ページへ移動します。
クリックしても、コンピュートデータはすぐには表示されない場合があります。その場合は、プロンプトの指示に従い、アカウントの検証およびNew Relic Infrastructureのコンバージョンプロセスを完了してください。
APM概要からホストリンクをトラブルシューティングする トラブルシューティングのヒント
New Relic Infrastructureがホストにインストールされていない。 標準手順にならい、New Relic Infrastructureをインストールします。
アプリケーションはコンテナー内で作動しているが、Infrastructureエージェントはコンテナー内ではなくコンテナーのホストにインストールされている。 コンテナーのホスト名は、その配下のサーバーのホスト名と同じものを設定してください。Dockerコンテナー:Dockerコンテナーは引数と作動させてください:

これによりコンテナーは、配下のホストとUTS Linux Namespaceを共有します。しかし、このセットを利用することにより、特権を持つコンテナーがホストのホスト名を変更することが可能となります。詳細情報に関しては、 《Dockerコンテナ例》をご覧ください。
New Relic Infrastructureエージェントはインストールされているが、短いホスト名のみレポートして長いホスト名はレポートしない。 InfrastructureとAPMエージェントが全く同じ名前列を返すよう、サーバーのホスト名を設定します。可能であれば、サーバーの完全修飾ドメイン名(FQDN)設定から編集します。

APMとInfrastructureエージェントはどちらも、オペレーティングシステムのFQDN設定からホスト名を読み込みます。そのため、そこでホスト名を設定すると、両方のエージェントが単一のホスト名を共有することとなります。詳細情報に関しては、Java agentトラブルシューティング例をご覧ください。

 

New Relic Servers詳細
アカウントでNew Relic Serversを使用している場合、APM概要ページは要約された情報と、追加情報への直接リンクを提供します。APM概要ページのホストセクションから、下記のいずれかを実施してください:
  • 個別の《サーバー名》を選択します。
  • CPU使用率もしくはメモリを選択します。

CPU使用率はアプリケーションが1つのCPUコア上で作動しているものとして計算されます。この計算の詳細情報に関しては、《CPU使用率が100%を超えている》をご覧ください。

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。

  • トランザクションページ(選択したアプリのトランザクションリクエストを、実際の経過時間と関連するスループットの%で表示します)
  • データベースとスロー クエリ ページ(データベーストランザクション、操作、スループット、トランザクション時間とスロー クエリ トレースがあれば表示します)
  • 外部サービスページ(Webサービスやクラウドのリソース、その他ネットワーク通話等のアウトプロセスサービスへのコールを表示します)
  • JVMメトリクスページ(Java agentによって収集された追加のメトリクスを表示します。これにはスレッドプール、HTTPセッション、トランザクションが含まれます)
  • アプリのアラート情報を表示する(アプリのアラートポリシー、状態、違反、その他アクティビティについての情報等、直接New Relic APMから入手した情報を表示します)
  • 応答時間(APMチャートの応答時間と全時間を確認します)

New Relic オンラインテクニカルコミュニティー での New Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください ! テクニカルコミュニティーはNew Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。