データベースと遅いクエリページ
データベースと遅いクエリページ

データベースと遅いクエリページ

データベースと遅いクエリページ

New Relic APMのデータベースページは、選択したアプリケーションによって使用されたデータベースとキャッシュに関するデータを表示します。このページでは個々のデータベーストランザクションをソート可能な表として、また処理、スループット、応答時間をチャートとして表示します。遅いクエリが記録された場合、ページの一番下の遅いクエリセクションに表示されます。

この機能へのアクセスの可否はサブスクリプションレベルに依存します。

機能の使用可否

データベースページには下記のエージェントバージョンにて使用できる新しい機能があります:

  • Java 3.14.0以降
  • .NET 4.1.134以降
  • Node.js 1.17.0以降
  • PHP 4.19.0以降
  • Python 2.44.0以降
  • Ruby 3.11.0以降

サーバーにて上記以降のバージョンのエージェントを使用している場合、下記機能へのアクセスが可能となります:

  • データベースページは複数のデータベースとキャッシュタイプをサポートします。
  • 異なるタイプは明示的にラベル分けされ、処理一覧、チャート、遅いクエリにおいて識別されます。
  • ページをフィルターし、特定のデータベースベンダーもしくはキャッシュタイプの処理とチャートのみを表示することが可能です。
  • 遅い処理のみではなく、全てのデータベース処理用に新しい表を表示することが可能です。
  • サービスマップ上でデータベースを表示することが可能です。

また、APMエージェントがホストとインスタンスレベルの詳細をサポートしている場合、クエリ詳細とクエリが実行された特定のインスタンスの両方を表示することが可能です。

 

データベースページ詳細を表示する

データベースパフォーマンスに関する情報を表示するには:

  1. New Relicメニューバーから、APM > (選択したアプリ) > モニタリング > データベースを選択します。
  2. 個別の処理もしくはクエリに関する詳細を表示するには、データベース処理一覧の行を選択し、展開してください。
  3. 選択したアイテムを閉じるには、終了する(X)ボタンを選択するか、一覧の他の行を選択します。

APM > (選択したアプリ) > モニタリング > データベース:このページにて、データベースパフォーマンスや遅いクエリ(該当する場合)の詳細情報を表示およびソートします。

New Relicの標準ユーザーインターフェース機能ページ機能を使い、詳細情報を参照してください。

全てのデータベース概要は下記を表示します:

  • 実際の経過時間に基づくデータベース処理のトップ5
  • データベース応答時間
  • データベーススループット

個別の処理に関する詳細は下記を表示します:

  • クエリ時間
  • スループット
  • 呼び出し元による時間消費

呼び出し元による時間消費チャートは、選択した処理を呼び出すトランザクションの一覧を表示し、色分けされたバーにより各呼び出し元が消費した時間の割合を表示します。呼び出し元トランザクションのトランザクションページを表示するには、チャート内のそのトランザクションを表す色分けバーを選択してください。

データベースベンダー別に処理をフィルターする

この機能の利用可否はエージェントバージョンに依存します。

データベース処理一覧の上にあるボタンで、特定のデータベースベンダーをフィルターすることができます。

  • データベースベンダー別にコンテンツをフィルターには、名前を選択してください。
  • フィルターを取り除くには、全てを選択してください。

 

データベース処理を表示する

この機能の利用可否はエージェントバージョンに依存します。

  • 全てのデータベース処理を表示するには、処理一覧の一番下から全てのデータベース処理表を表示する…リンクを選択します。全てのデータベース処理表は、最も遅い処理のみではなく、記録された全ての処理を一覧にしています。
  • 表を任意の列でソートするには、列の見出しを選択します。
  • 処理表をフィルターするには、表の上の検索語入力欄を使用します。表は、検索語入力欄に文字をタイプするとリアルタイムでフィルターがかかります。
  • 特定の処理の詳細を表示するには、処理名を選択します。選択すると表示された処理の詳細が載っているデータベースページへ移動します。
  • ページへ戻るには、表の上からトップに戻るリンクを選択します。

 

トレースを削除する

『所有者と管理者』

アプリの全てのトレースを完全に削除するには:

  1. データベース処理一覧の下にある全てのトレースを削除するボタンを選択します。
  2. 確認プロンプトを選択します。

一般的な記録のクリーンアップを行う場合、トランザクショントレースエラートレースも削除する場合があるかもしれません。この場合、他のアプリケーションデータ(Apdex、デプロイメント情報等)は保持されますが、極秘データが削除される可能性があります。

 

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。

  • 遅いクエリの詳細を参照する(特定の遅いクエリの詳細を参照する方法)
  • データベース分析レポート(スループット(分ごとのリクエストもしくはrpm)に消費した時間、処理にかかった全時間、実行するのにかかった平均時間を比較するために、UIのレポートを使用する方法)
  • トランザクショントレース(トランザクショントレースの概要)
  • トランザクショントレースのセキュリティオプション(クエリ、HTTPパラメーター、セキュリティ拡張のためのカスタマイズオプション)
  • データベースクエリ(トランザクショントレースのデータベース クエリ タブを表示します)

New Relic オンラインテクニカルコミュニティー での New Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください ! テクニカルコミュニティーはNew Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。