Transactions page
Transactions page

Transactions page

トランザクションページ

New Relic APMのトランザクションページには、選択したアプリのトランザクションリクエスト実際の経過時間率別のトップ5トランザクション、関連するスループット(分ごとのリクエストもしくはrpm)の一覧が表示されます。非Webトランザクション(メッセージ処理、バックグラウンドタスク、その他のWebリクエストを含まない処理やジョブ)に関しては、このページではCPUのチャートとメモリ使用量を表示します。
Webスループットに関しては、分ごとのリクエスト(もしくはrpm)は分ごとのページ(もしくはppm)と呼ばることもあります。

この機能へのアクセス可否はサブスクリプションレベルに依存します。

実際の経過時間

実際の経過時間は、時計によって記録された時間量です。New Relicユーザーは全てのトランザクションに実際の経過時間を使用し、全てのトランザクションの値を合計します。

サーバーはリクエストを並行して実施できるので、100%を超える場合もあります。例えば、100%というのは全ての選択したトランザクションの実行時間が、実際の経過時間を記録する際に費やされた時間と同じということを示します。

 

トランザクションのタイプ

選択したアプリケーションによって、トランザクションページにはドロップダウンが含まれます。ここから使用可能なトランザクションタイプを選択することが可能です。これには下記が含まれます:

  • Web:アプリ サーバー リクエスト
  • 非Web:その他のリクエスト(処理、バックグラウンドタスク等。)

トランザクションページにはトランザクショントレースやキートランザクションへのリンクが含まれる場合もあります。表示される情報のタイプは、選択したアプリ、リクエストのタイプ( Webもしくは非Web)、サブスクリプションレベルによって変わります。

 

トランザクションを表示する

APM > (選択したアプリ) > モニタリング >トランザクション:このページにトランザクション(および該当するトランザクショントレース)に関する詳細情報が表示されます。Webもしくは非Webトランザクションがあればフィルターしたり、ソートオプションを変更したり、トランザクション詳細を確認したり、全てのトランザクションを表として表示することも可能です。

 

アプリのトランザクションリクエストに関する情報を表示するには:

  1. New Relicメニューバーから、APM > (選択したアプリ) > モニタリング > トランザクションを選択します。
  2. 該当する場合は:使用できるトランザクションの《タイプ》を変更するには、タイプを選択します。
  3. ソート順を選択するか、デフォルトのままとします。
  4. 使用可能であればチャート(デフォルト)、ヒストグラム、パーセンタイルから《表示タイプ》を選択します。
  5. 任意のトランザクションのドリルダウン機能を使い、追加の詳細情報を表示します。

アプリのトップ5トランザクションのうちの1つのトランザクションページに直接アクセスするには:New Relicメニューバーから、APM > (選択したアプリ) > モニタリング > 概要を選択し、APM概要ページからトランザクションリンクを選択します。

ドリルダウン機能を利用する

New Relicの標準ユーザーインターフェース機能ページ機能を使い、詳細情報を確認しましょう。トランザクションページには追加のドリルダウン機能があります。

目的 手順
表示されたトランザクションタイプを変更する タイプのドロップダウンがトランザクション一覧の上に表示された場合、任意のトランザクションタイプを選択できます。利用可能なタイプは、アプリケーションが使用しているトランザクションに依存します。
ソートを変更する ソートドロップダウンはトランザクション一覧の上にあります。デフォルトソートオプションは【時間を消費する順】です。その他のソートオプションは下記を含みます:応答時間が遅い順、Apdexの満足度が低い順スループットが高い順です。選択したトランザクションのタイプに応じて、異なるソートオプションが利用可能です。
概要トランザクション情報を表示する 一覧のトランザクションの名前にカーソルを合わせ、いくつかの重要な情報を確認しましょう。
トランザクションの詳細を表示する 一覧からトランザクションを選択します。その後、そのトランザクションのアプリパフォーマンスもしくは過去のパフォーマンスを選択できます。

トランザクショントレースに関する情報は、トランザクショントレースを表示するをご覧ください。
トランザクションデータを異なるビジュアルフォーマットで表示する トランザクションの【アプリパフォーマンス】ウィンドウを表示する際、データをチャートヒストグラム、もしくはパーセンタイルで表示するタブがあります。

『選択したトランザクションのブレークダウン表から、ブレークダウンデータの全てのセグメントを表示する、もしくは非表示にするリンクを選択できます。』

対応するブラウザーリクエストデータを表示する ブラウザードリルダウンリンクがあれば選択、もしくはNew Relicメニューバーからブラウザー > (選択したアプリ) > ページビューを選択します。

ブラウザー情報を表示するには、ページ読み込みタイミングを有効化する必要があります(リアル ユーザー モニタリングもしくはRUMと呼ばれることもあります)。

通話や時間カウントが多いトランザクションセグメントを特定する トランザクションのブレークダウン表に、平均通話(txn毎)の列があります。こちらの外部およびデータストア トランザクション セグメント番号は、黄色もしくは赤で表示される場合があります:

  • 黄色:セグメント時間は全トランザクション時間の10%以上で、通話カウントは10以上です。
  • 赤:セグメント時間は全トランザクション時間の10%以上で、通話カウントは20以上です。

 

 

全てのトランザクションを表示する

全てのトランザクションを表として表示するには、全てのトランザクション表を表示するリンクを選択します。ここから、利用可能なオプションを使います:

ソート順を変更するには、任意の列の見出しを選択します。

データをコンマで区切られた値としてファイルにエクスポートするには、CSVとしてエクスポートするを選択します。

前のチャート表示に戻るには、トップトランザクションに戻るを選択します。

*アスタリスクのマークがついたApdexスコアは、そのトランザクション名にてエージェントが100より少ない数のサンプルを収集したということを示しています。このようなトランザクションのデータは、より高いスループットのトランザクションのデータに比べ精密性に欠ける場合があります。

全てのトランザクション表を表示するの測定の定義は下記の通りです:

測定 定義
Apdex 選択された時間帯で起こった全てのトランザクションの平均Apdexスコアです。
カウント 選択した時間帯で起こった全てのトランザクションの合計数です。
平均(ミリセカンド) 選択した時間帯の全てのトランザクションにかかった平均時間です。
SD(ミリセカンド) 選択した時間帯の全てのトランザクションに関する、全てのタイミング測定の標準偏差です。
最小(ミリセカンド) 選択した時間帯でトランザクションにかかった最小時間です。
最大(ミリセカンド) 選択した時間帯で最も長くトランザクションにかかった時間です。
トータル(ミリセカンド) 選択した時間帯で起こった全てのトランザクションに費やされた時間の合計です。
トータル(%時間) そのタイプの全てのトランザクションに費やされた時間の合計です。全てのトランザクションにかかった時間の合計に対する率が表示されます。
不満(%) Apdexスコアが不満であるトランザクションの割合です。

 

追加サブスクリプションレベル機能

サブスクリプションレベルによって、トランザクションページの選択したトランザクション用に追加機能が利用出来る場合があります。

目的 手順
処理のトランザクションやその他のバックグラウンドタスクを表示する タイプその他のトランザクション(もしくはリストにある特定のタイプ)に変更し、特定のトランザクションを選択します。

トランザクションページは実際の経過時間、CPU使用率、メモリ使用率による、トップ5トランザクションを表示します。

ビジネスに重要なトランザクションをトラックする トランザクション名を選択し、キートランザクションとしてトラックするを選択します。
トランザクショントレース詳細を表示する トランザクショントレースを選択し、概要トレース詳細、もしくはデータベースクエリの表示が選択できるようであれば選択します。詳細に関しては、トランザクショントレースを表示するをご覧ください。

トランザクショントレースをフルスクリーンビューに拡大するには、フルスクリーンアイコンを選択します。

トランザクションページへ戻るには、トランザクショントレース名の隣の「前へ」という矢印を選択します。

全てのトランザクショントレースを削除する

全てのトレースを削除するを選択すると、復元することはできません。詳細に関しては、トランザクショントレースを削除するをご覧ください。

 

 

 

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。

  • WebトランザクションのWebトランザクション分析レポートと非Webトランザクションのバックグラウンド処理分析レポート(UI内にて使用できるレポートの利用方法です。スループットに費やされた時間量(分ごとのリクエストもしくはrpm)、トランザクションの時間合計、平均実行時間、また該当する場合Apdexスコアを、比較することが可能です。)
  • トランザクショントレースを表示する(トランザクション トレース データを読み解く方法)
  • リクエストキューイングとフロントエンド時間のトラッキング(APMの処理時間測定方法)
  • バックグラウンド処理のモニタリング(エージェント用のバックグラウンドモニタリング設定方法と、UIのトランザクションページから処理を表示する方法)

New Relic オンラインテクニカルコミュニティー での New Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください ! テクニカルコミュニティーはNew Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。