遅いクエリの詳細を表示する
遅いクエリの詳細を表示する

遅いクエリの詳細を表示する

遅いクエリの詳細を表示する

遅いクエリ詳細ウィンドウはNew Relic APMのデータベースに表示されます。遅いクエリ詳細ウィンドウには、トランザクションにかかった時間、クエリ、クエリのトレースが表示されます。遅いクエリが記録されている場合、データベースページの一番下の遅いクエリセクションに表示されます。

エージェントは、トランザクショントレースの実行計画しきい値を超えた全てのクエリをキャプチャします。エージェントは同様のステートメントを一緒に集計しますが、似たステートメントの中から一番値が高いものの詳細のみを保持します。毎分、エージェントは複数のサンプルをNew Relicサービスに送信します。これらは、その1分内で最もパフォーマンスが悪かったクエリステートメントです。

この機能へのアクセス可否はサブスクリプションレベルに依存します。

遅いクエリページを表示する

遅いクエリ機能はサイトでのデータベースクエリの中で最もパフォーマンスが悪いものをサンプルします。New Relicはクエリだけではなく、データベースパフォーマンスの問題を修正するために必要となるコンテキストと診断情報も収集します。遅いクエリは、データベースページ内にあります。

遅いクエリが記録されると、データベースページの一番下にある遅いクエリセクションに表示されます。また、APMエージェントがホストとインスタンスレベルでの詳細をサポートしている場合、クエリ詳細とクエリが実行された特定のインスタンスの両方を表示することが可能です。

遅いクエリについての情報を表示するには:

  1. New Relicメニューバーから、APM > (選択したアプリ) > モニタリング > データベースを選択します。
  2. 遅いクエリ表から、クエリ詳細を表示するために任意の行を選択します。

レポートされるべき遅いクエリがない場合、遅いクエリ表は表示されません。

APM > (選択したアプリ) > モニタリング > データベース > (選択したクエリトランザクション):これは個別のクエリの詳細ウィンドウ例です。

 

遅いクエリメトリクス

遅いクエリ一覧は下記のメトリクスを含みます。

メトリック 説明
応答時間 サンプルされたステートメントの平均応答時間です。
サンプル数 サンプルにて確認された遅いクエリの数です。

個々の遅いクエリを選択すると、そのクエリの詳細を表示します:

メトリック 説明
開始時間 スタックトレースが表示されているデータの収集を開始した時間です。
最大時間 サンプル内の同様のクエリステートメント全ての中での最大時間です。
アクション クエリを呼び出すアクションもしくはプロセスです。
クエリ 遅いとレポートされているクエリです。設定によっては、クエリは部分的に難読化されている場合があります。
スタックトレース コードのどの部分でステートメントが呼び出されたかを示します。

New Relicは可能な限り実行計画を収集します。MySQLでは、New Relicはクエリ分析を提供し、クエリで何が起こったかや速度を早めるために何をすればいいか説明します。他のデータベースでは、実行計画を表示します。

 

クエリ難読化の設定を定義する

クエリ難読化の設定を定義するには:

  1. New Relicメニューバーから、APM > (選択したアプリ) > 設定 > アプリケーションを選択します。
  2. 詳細設定を表示するを選択します。
  3. 遅いクエリのトランザクショントレーシング設定から任意のものを選択します。

PHP agentでは、『slow_sql』設定を利用してください。
Java agentを高セキュリティモードで利用している場合は、『slow_query_whitelist』設定をご覧ください。

遅いクエリのトラブルシューティング

New Relicユーザーインターフェースに遅いクエリが表示されない場合は、下記をご確認ください:

チェックリスト 説明
New Relicアカウントは有料タイプのアカウントですか? この機能は標準アカウントでのみ有効です。
遅いクエリ機能はエージェント設定で有効化されていますか? 設定を確認するには:

  1. New Relicメニューバーから、アプリケーション > (選択したアプリ) > 設定 > アプリケーションを選択します。
  2. 遅いクエリチェックボックスオプションが選択されていることを確認します。

『PHP agentでは、『slow_sql』設定を利用してください。
Java agentを高セキュリティモードで利用している場合は、『slow_query_whitelist』設定をご覧ください。』

 トランザクショントレースの実行計画しきい値は、クエリの実行時間より小さいですか?  しきい値を確認するには:

  1. New Relicメニューバーから、APM > (選択したアプリ) > 設定 > アプリケーションを選択します。
  2. 詳細設定を表示するを選択します。
  3. 遅いクエリのトランザクショントレーシング設定を確認します。

しきい値を確認するには:
New Relicメニューバーから、APM > (選択したアプリ) > 設定 > アプリケーションを選択します。
詳細設定を表示するを選択します。
遅いクエリのトランザクショントレーシング設定を確認します。

 

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。

  • データベースと遅いクエリページ(遅いクエリを含むデータベースページの概要)
  • データベース分析レポート(UIのレポートを使い、スループット(毎分ごとのリクエストもしくはrpm)に消費された時間、操作にかかった全ての時間、実行にかかった平均時間を比較する方法)
  • トランザクショントレース(トランザクショントレースの概要)
  • トランザクショントレースのセキュリティオプション(クエリ、HTTPパラメーター、セキュリティ拡張のためのカスタマイズオプション)
  • データベースクエリ(トランザクショントレース用データベース クエリ タブを表示します)

New Relic オンラインテクニカルコミュニティー での New Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください ! テクニカルコミュニティーはNew Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。