Apdex:ユーザー満足度を測定する
Apdex:ユーザー満足度を測定する

Apdex:ユーザー満足度を測定する

Apdex:ユーザー満足度を測定する

《Apdex》は、Webアプリケーションとサービスの応答時間でユーザーの満足度を測定する業界標準です。ユーザーがどれほど満足しているかアプリケーションの所有者がよりよく洞察できるよう、簡素化されたサービスレベル契約(SLA)ソリューションです。非常に長い応答がいくつかあれば偏ってしまう、平均応答時間等の旧式メトリクスとは異なります。
Apdexの概要については、New Relicの Apdex紹介ビデオ をご覧ください。《lear.newrelic.com》にてビデオやチュートリアルがご覧いただけます。

 

Apdex測定

Apdexは設定されたしきい値に対する応答時間の測定です。満足できる応答時間と不満足な応答時間の割合を測定します。アセットリクエストから、リクエスト元への送信完了までを応答時間として測定します。

アプリケーション所有者は応答時間しきい値を【T】と定義します。TあるいはTより短い時間で完了した全ての応答がユーザーにとって満足とされます。

例えば、Tが1.2秒で応答が0.5秒で完了した場合、ユーザーは満足するものとします。1.2秒以上かかる全ての応答はユーザーにとって不満足です。

各New Relic APMアプリケーション用にApdex Tの値を定義することが可能です。《アプリサーバー》と《エンドユーザー ブラウザー パフォーマンス(ページ読み込みタイミング)》にそれぞれ違う値を入力できます。また、《キートランザクション》用に個々のApdex Tしきい値を定義することも可能です。

 

Apdexレベル

Apdexは3つの応答数をトラッキングします:

  • 【満足】:応答時間がT以下もしくは同等。
  • 【許容】:応答時間がT以上だが、4T以下もしくは同等。この例では、4 x 1.2 = 4.8秒が最大の許容応答時間。
  • 【不満】:応答時間が4T以上。

設定ファイルの『apdex_x』の値は、アプリサーバーのApdex Tの値の4倍です。このしきい値は、《トランザクショントレース》等にて役立ちます。詳細情報は、New Relicエージェントの設定ファイルドキュメンテーションをご覧ください。

時間計算はアプリのT設定に基づいて変更されます。下記の例ではT = 1.2秒です。

レベル 乗数 時間(Tの例 = 1.2)
満足 TもしくはT以下 <= 1.2秒
許容 >T、<= 4T 1.2秒から4.8秒
不満 > 4T 4.8秒以上

Apexレベルを定義したら、New Relicのリソースを使用し、ユーザー満足度が低いと表示されるアプリの箇所を特定およびトラブルシュートしましょう。

Apdexスコア

Apdexスコアは全リクエスト数中の満足および許容できるリクエスト数の割合値です。各満足リクエスト数は1要求としてカウントされ、許容できるリクエスト数は満足リクエストの半分としてカウントされます。

Apdexスコアは全リクエスト数中の満足および許容できるリクエスト数の割合に基づいています。

【例】:

  • 2分間で、サーバーは200リクエストに対応します。
  • しきい値T = 0.5秒(500ミリ秒)。この値は任意であり、ユーザーによって選択されます。
  • 170のリクエストは500ミリ秒以内に対応されたため、満足と分類されます。
  • 20のリクエストは500ミリ秒から2秒(2000ミリ秒)の間に対応されたため、許容と分類されます。
  • 残りの10は正しく対応されなかった、もしくは2秒以上かかったため、不満と分類されます。
  • 結果としてApdexスコアは0.9となります:『(170 + (20/2))/200 = 0.9』。

エラーページ

エラーはユーザーにとって苛立たしいものです。サーバー側のエラーであるいずれのリクエストも、どれ程迅速にユーザーに返答できたとしても、苛立たしい応答と考えられます。誰も「500: アプリケーションエラー」というページを見たくないものです。Apdex T以下の平均応答時間となるかもしれませんが、それでもApdexスコアは低くなります。

【不満比率】

不満比率はこのトランザクションによってもたらされた、アプリのユーザーが体験した全不満数の比率です。

不満(トランザクション) + 許容(トランザクション)/2

不満(アプリ) + 許容(アプリ)/2

トランザクションがいつもいらいらするほど遅いが、ほとんど訪問されることがないのであれば、アプリの全不満比率にはあまり影響しません。逆に、トランザクションが通常速い(例えばApdex 0.95)が、高スループットの場合、これはアプリの不満比率に大きく影響します。アプリのトラフィックの大部分を占めるからです。

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。

  • 《Apdex設定を変更する》(Apdex設定のどの部分を編集するか)
  • 《Apdexスコアを表示する》(Apdexスコアがインターフェースのどの部分に表示されるか)
  • 《APM【概要】》と《ブラウザー【概要】》(New Relic UIのメインページを利用します)
  • 《Apdexアライアンス》(Apdexに関する詳細情報が掲載されているWebサイト)

New Relic 《オンラインテクニカルコミュニティー 》での New Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください ! テクニカルコミュニティーはNew Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。