可用性レポート
可用性レポート

可用性レポート

可用性レポート

可用性の監視は、pingerまたはpingサービスと呼ばれ、サイトの稼働時間を測定します。 可用性レポートの基本的なグラフでは、選択した期間のスループット(1分あたりのコール数)と1分あたりのエラーが比較されています。 この情報によりアプリケーション全体のパフォーマンスを想定することができます。

可用性レポートはNew Relicのレガシー アラート システムの可用性監視を使用します。 このレポートは、New Relic AlertsまたはNew Relic Syntheticsと一緒に使用されることはありません。

この機能の使用には、サブスクリプションレベルデータ保時による制限がございます。

可用性レポートの表示

アプリの可用性レポートを表示するには:rpm.newrelic.comから、APM>アプリケーション>(選択したアプリ)>レポート>可用性を選択します。デフォルトのレポートには、過去7日間に発生した少なくとも30秒間の障害に関する可用性の詳細が表示されます。


APM>アプリケーション>(選択したアプリ)>レポート>可用性:ここでは、New Relic APMのアプリの可用性レポートの例を示します。障害についてはドリルダウンすることにより詳細な情報を見ることができます。ヒント:ダウンタイムの時間をメンテナンスイベントとしてフラグを設定するには、ダウンタイム期間リンクを選択します。

 

レポートには、選択した期間のサイトのダウンタイムの割合とチャートが表示されます。pingerがエラーを検出しなかった一定期間の時間が利用可能な時間帯になります。この”利用可能な”時間には、ping URLが無効になっている期間やダウンタイムイベントがメンテナンスイベントとしてフラグ設定されている時間帯が含まれています。

チャート上の縦線は異なるイベントを示します。

  • 青色の縦線:配置
  • 赤い縦線:停止
  • 黒い縦線:Apdex Tの設定に変更

 

レポート詳細の分析


APM>アプリケーション>(選択したアプリ)>レポート>可用性:未確認のイベントを表示するには、未確認のイベントを表示するチェックボックスを選択します。 未確認イベント(黄色で強調表示)は複数の場所で発生しているわけではなく、アラートを出したり、サービス レベル アグリーメント(SLA)レポートに影響を与えたりすことはありません。

New Relicの標準的なユーザーインターフェイス機能ページ機能のいずれかを使用して詳細な情報にドリルダウンできます。
追加。

目的 手順
選択した期間の関連情報を表示する 選択したアプリのSLAレポート、APM概要ページを表示するリンクを選択するか、またはターゲットURLへのリンクを選択します。
可用性監視(pinger)設定を表示または変更する ping URLを変更するリンクを選択します。

または:

rpm.newrelic.comからAPM>アプリケーション>(選択したアプリ)>設定>可用性監視を選択します。

チャートの詳細の設定期間を変更する 過去7日間、過去1ヶ月間、前月、または過去3ヶ月間の利用可能なリンクを選択します。
表示されるイベントの継続時間を変更する 失敗 少なくともドロップダウンからオプションを選択してください。
ダウンタイムイベントの詳細を表示する ダウンタイム時間を選択してください。
ダウンタイムをメンテナンスイベントとしてフラグを設定する ダウンタイム時間リンクを選択し、メンテナンスに設定するを選択してください。
他のイベントの詳細を表示する(または非表示にする) 未確認のイベントを表示するチェックボックスを選択または選択解除します。

未確認のイベントはアラートを出したり、SLAレポートに影響を与えません。

 

 

データ分析

New Relic APMのユーザーインターフェイスにはいくつかのレポートがあります。 ソフトウェアに関するデータを他の形式で収集、分析、視覚化するには、New Relic Insightsを使用します

 

関連情報

New Relic オンライン テクニカル コミュニティのNew Relic APMに関するディスカッションに参加しましょう! テクニカルコミュニティは、New Relicツールセットについて議論しトラブルシューティングするための公開プラットフォームです。

 

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。