性能分析レポート
性能分析レポート

性能分析レポート

性能分析レポート

New Relic APMの性能分析レポートは、実行中のアプリケーションのインスタンス数と使用状況を表示します。 この情報は、アプリケーションがリクエストを処理するのにインスタンスが十分かどうかを分析するのに役立ちます。 またこの情報を基に、最適なパフォーマンスを得るために設定を微調整することもできます。
性能分析レポートは、PythonおよびRuby言語エージェントでのみ使用できます。

この機能はライセンスレベルおよびデータ保持ポリシーによって制限されています。

性能分析レポートの表示

アプリの性能分析レポートを表示するには:

  1. rpm.newrelic.comからAPM>アプリケーション>(使用アプリ)>レポート>性能を選択します。
  2. New Relicの標準機能であるpage functionsを使用して、より詳細な情報を見ることができます。


APM>アプリケーション(選択されたアプリケーション)>レポート>容量:New Relic APMの性能分析レポートは、アプリケーションがリクエストを処理するのにインスタンスが十分かどうかを分析するのに役立ちます。 またこれを基に、最適なパフォーマンスを得るために設定を微調整することもできます。
レポートには3つのチャートが含まれています。

性能チャート 説明
アプリ インスタンス ビジー このチャートは、アプリケーションのインスタンスの使用状況をリクエストを処理する時間の割合で示しています。 チャートには、任意の期間の平均、最小、および最大パーセンテージが含まれています。
ホストによるアプリインスタンスの再起動 このチャートは、各時間間隔のインスタンス再起動の回数を示しています。 この情報を使用することにより、アプリケーションインスタンスが頻繁に再起動しているかを判断できます。

特定のホストのアクティビティに絞り込むには、チャートの下にある凡例で他のホストのタイトルを選択して、それらを非表示にするか、表示にします。

または:

APM概要ページのサーバリストから選択してください。

アプリインスタンス分析 このチャートは、実行中のインスタンスの合計数と並列インスタンスロードを合わせて表示します。 並列インスタンスロードとは、アプリにかかる負荷に対処するために必要と思われる、完全にビジー状態になっているインスタンスの数のことです。 これはアプリ インスタンス ビジーチャートの平均アプリインスタンス値に基づいており、実行しているインスタンスの数が乗じられています。

 

Pythonシングルまたはマルチスレッドアプリ

Pythonエージェントの場合、性能分析レポートは、従来のシングルまたはマルチスレッドアプリケーションでのみ機能します。 これは、New Relicが計測したシステム負荷がコルーチンベースのシステムに変換できないためです。

従来のシングルまたはマルチスレッドアプリケーションを使用する場合、Pythonエージェントによって生成された計測情報は、オプティマル C 拡張コンポーネントがコンパイルされインストールされている場合にのみ取得され、報告されます。 geventやeventletなどのコルーチンベースのシステムをWSGIサーバーと併用すると、性能分析レポートにはエージェントの再起動以外のデータは表示されません。

 

データ分析

New Relic APMのユーザーインターフェイスにはいくつかのレポートがあります。 ソフトウェアに関するデータを他の形式で収集、分析、視覚化するには、New Relic Insightsを使用します。

 

関連情報

New Relic オンライン テクニカル コミュニティのNew Relic APMに関するディスカッションに参加しましょう! テクニカルコミュニティは、New Relicツールセットについて議論しトラブルシューティングするための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。