スケーラビリティ分析レポート
スケーラビリティ分析レポート

スケーラビリティ分析レポート

スケーラビリティ分析レポート

New Relic APMのスケーラビリティ分析レポートは、応答時間、データベース使用率、CPU使用率をアプリの負荷と比較して散布図で示します。 このレポートは、アプリの増加に合わせパフォーマンスや今後のハードウェア構成を分析するのに役立ちます。

この機能の使用には、サブスクリプションレベルデータ保時による制限がございます。

 

スケーラビリティ分析レポートの表示

アプリのスケーラビリティ-分析レポートを表示するには:

  1. rpm.newrelic.comからAPM>アプリケーション>(選択したアプリ)>レポート>スケーラビリティを選択します。
  2. スケーラビリティ分析ページから、応答時間、データベースCPUの散布図を表示するタブを選択します。
  3. 個々のチャートタブで、期間を選択します。
  4. フィルターアウトライアーチェックボックスをオンまたはオフにします。
  5. New Relic標準のページ機能の中のいずれかを使用して、詳細情報をドリルダウンします。


APM>アプリケーション(選択されたアプリ)>レポート>スケーラビリティ>レスポンス時間:ここでは例として、アプリのレスポンス時間と1分あたりのリクエストの負荷を比較したNew Relic APMの散布図を示します。

スケーラビリティ分析レポートには3つのチャートが含まれています。

スケーラビリティチャート 説明
応答時間 このチャートは、アプリケーションのミリ秒単位の応答時間と1分あたりのリクエスト数におけるアプリケーションの負荷を表しています。 アプリケーションが適切に調整されていれば、応答時間は水平または水平に近くなるはずです。
データベース使用率 このチャートでは、アプリケーションのデータベース使用率とアプリケーションの負荷を1分あたりのリクエスト数が表示されています。 アプリケーションが適切に調整されていれば、ほぼ直線状のパターンが表示されます。
CPU使用率 このチャートは、RailsプロセスのリクエストごとのアプリケーションのCPU時間と、1分あたりのリクエスト数におけるアプリケーション負荷を表しています。 アプリケーションが適切に調整されていれば、ほぼ直線状のパターンが表示されます。

 

期間選択オプション

各スケーラビリティ分析レポートには、過去24時間、過去7日間などの異なる期間のデータを表示するオプションがあります。 例えば、時間ウィンドウ選択を使用するを選択し、タイムピッカーがデフォルト値(過去30分、今終了)を使用する場合、チャートは過去30分間のデータのみを表示します。


APM】アプリケーション(選択したアプリ)>レポート>スケーラビリティ> CPU:これは、時間ウィンドウ選択を選択し、タイムピッカーが過去3時間、今終了に設定されていた時のCPU使用率のチャートの例になります。

 

データ分析

New Relic APMのユーザーインターフェイスにはいくつかのレポートがあります。 ソフトウェアに関するデータを他の形式で収集、分析、視覚化するには、New Relic Insightsを使用します。

 

関連情報

New Relic オンライン テクニカル コミュニティのNew Relic APMに関するディスカッションに参加しましょう! テクニカルコミュニティは、New Relicツールセットについて議論しトラブルシューティングするための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。