SLAレポートAPIの例
SLAレポートAPIの例

SLAレポートAPIの例

SLAレポートAPIの例

New Relic は 対象となるアカウントの SLA データを永久にデータを格納しますので、New Relic REST API を使って、任意の期間のサービス品質保証レポートを生成することができます。たとえば、12日、12週、12ヶ月以上さかのぼってSLA レポートを作成することができます。

この機能が利用できるかは、お使いの サブスクリプションレベルにより異なります。

 

SLA 用 Browser メトリクス

エンドユーザー用の Browser メトリクスは、ページ読み込みタイミングを有効にしている場合のみ利用できます。これはリアルユーザー・モニタリング(RUM)と呼ばれることもあります。

Browser (エンドユーザー層) SLAメトリック名:値 (および公式)
ページビュー 1000 エンドユーザー : call_count
読み込み時間 秒 エンドユーザー : verage_response_time
Apdex エンドユーザー/Apdex : score
満足している エンドユーザーの割合/Apdex : エンドユーザーで割ったs : call_count
許容している エンドユーザーの割合/Apdex :エンドユーザーで割った t : call_count
不満をもっている エンドユーザーの割合/Apdex:エンドユーザーで割った f: call_count

 

SLA用アプリサーバーメトリクス

以下は、アプリケーションサーバー用のSLAメトリクスです。

アプリサーバー SLAメトリック名:値 (および公式)
リクエスト 100万 HttpDispatcher : call_count (値に応じて適切にスケーリング)
応答時間 100万 HttpDispatcher : average_response_time (1000倍)
Apdex Apdex : score
満足率 Apdex : Apdex で割った s : count
許容率 Apdex : Apex で割った t : count
不満率 Apdex : Apdex で割った f : count

 

メトリクスを収集するためのヒント

以下はメトリクスを収集するための計画のヒントです。

SLAのヒント 解説
要件 cURL コマンドのサンプルを使う場合は、必ずプレースホルダのテキストをNew RelicのAPI キー、アカウントID、アプリケーションIDに置き換えてください。
期間 標準的な日/週/月の期間に限定されません。たとえば、12月23日から12月26日までの「祭日と重なる週末」、「サイトで問題が起きた後の20分間」その他関心のある期間など、任意の期間を選択することができます。
UTC XML時間形式 UTC XML形式で時間を指定する必要がありますので、必ずUTC と比較したタイムゾーンに調節してください。たとえば、New Relic 本社のタイムゾーンは UTC-8 ですので、選択したデータの前日の16時00分00秒 が始まりです。
要約レポート 要約レポート で使用するメトリクスを要求する場合には、例に示されているように『summarize=true』(V2)または『summary=1』(V1)クエリ文字列パラメータを含めます。
スケールする統計 レポートには、《New Relic のユーザーインターフェース上のSLAレポートにおいてスケールする統計があります。小さな番号を表示する場合、レポートのページビューのスケールを変更します。トラフィックに応じて、一般的に何千、何百万、数十億も表示されることがあります。
推奨:ゼロの文字列が並ぶのを避けるために、状況に応じて適切にこの数字を割ってください。
エンドユーザーの統計 エンドユーザーの統計は、ページ読み込みタイミング(リアルユーザーモニタリング(RUM)とも呼ばれる)を収集した呼び出し数のみを反映します。例えば、エンドユーザーの統計は、以下の状況で表示されない場合があります。

  • ブラウザーの種類
  • クライアント (ページ読み込みタイミングの Javascript を無効にしている場合や、ブラウザーのページ読み込みタイミングを伝える際に発生するトラフィックをブロックしている場合があります)。
  • ページ読み込みが何らかの理由で完了しなかった場合に、どのカテゴリにも属性していないトランザクション

アプリサーバーのデータセクションにあるページビューよりエンドユーザーのデータセクションのページビューのほうが少ない(時にはかなり少ない)のは、このような理由によります。

 

次のセクションには、デフォルトの GMT/UTC タイムゾーンを使った日毎(24時間)の SLA 統計用の値のデータを取得するコードの例が含まれています。必要に応じて、お住まいのタイムゾーン の『from=』と『to=』を調整してください。
New RelicのREST API v1 と v2 では構文に違いがあります。以下の例では、それぞれの使用方法を示しています。

 

REST API v2 のコマンド

ブラウザーの読み込み時間とページビュー数(v2)

v2用のブラウザーの(エンドユーザー/RUM)読み込み時間時間とページビュー数を取得するには、コマンドラインに以下のように入力します。

Rubyの場合:

 

アプリ応答時間とリクエスト数 (v2)

v2用のアプリケーションの応答時間とリクエスト数を取得するには、コマンドラインに以下のように入力します。

Rubyの場合:

 

Apdex SLAデータ (v2)

v2用のApdex関連データを取得するには、以下のように入力します。

Rubyの場合:

 

REST API v1のコマンド(非推奨)

REST API v1は推奨されません。

ブラウザーの読み込み時間とページビュー数 (v1)

v1用のBrowser (エンドユーザー/RUM) 読み込み時間とページビュー数を取得するには、コマンドラインに以下のように入力します。

Rubyの場合:

アプリの応答時間とリクエスト数(v1)

v1用のアプリケーションの応答時間とリクエスト数を取得するにはコマンドラインに以下のように入力します。

Rubyの場合:

Apdex SLAデータ (v1)

v1用のApdex関連データを取得するには、コマンドラインに以下のように入力します。

Rubyの場合:

 

データの解析

New Relic APMではユーザーインターフェースにいくつかのレポートが含まれています。 他の形式のソフトウェアに関するデータの収集、解析、視覚化にはNew Relic Insights.をご利用ください。

 

関連情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。

  • SLA レポート (New Relic APM の UI でサービス品質保証レポートを表示したり CSV 形式でダウンロードする方法)
  • Apdex: ユーザー満足度の計測 (Apdexの計算方法)
    ページ読み込みタイミングの計測 (JavaScript 要素、データ伝送)
  • ページ読み込みタイミングのプロセス  (タイムセグメント、色、アプリケーションサーバーリクエストとページ読み込みタイミングの相違点、外れ値を含んだ概要)
  • データ保持 (サブスクリプションレベル別の New Relic のデータ保持ポリシー)

New Relic オンライン テクニカル コミュニティのNew Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください! テクニカルコミュニティは、 New Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。