クロスアプリケーショントレーシング
クロスアプリケーショントレーシング

クロスアプリケーショントレーシング

クロスアプリケーショントレーシング

New Relic APMのクロスアプリケーショントレーシングは、サービス指向のアーキテクチャ(SOA)のAPMアプリケーション間でトランザクションをリンクします。 これは、たとえば、内部サービスへのトラフィックなどのように、自分のアプリケーション(「呼び出し元」アプリ)と内部あるいは外部サービス(「呼び出し先」アプリ)間のパフォーマンスの問題を特定する場合に便利です。

Example trace map

 

可視化は以下のことを行うのに役立ちます。

  • アプリケーション間のコールフローにボトルネックをスポットする。
  • 特定のトランザクションが他のアプリケーションやサービスによってどのように使用されているかを、エンドツーエンドで理解する。
  • 問題をより迅速に診断し、チーム間のコラボレーションを強化する。

この機能へのアクセスは、サブスクリプションレベルによって異なります。

セキュリティー上の配慮

クロスアプリケーショントレーシングは、HTTPヘッダーによって呼び出し元アプリケーションと呼び出し先アプリケーション間で情報を交換します。

  • 最初の2つ(『X-NewRelic-ID』と『X-NewRelic-Transaction』)は、インストルメント化されたアプリケーションから送信された発信要求にHTTP要求ヘッダーとして表示されます。
  • 呼び出し先アプリケーションが呼び出し元アプリケーションと同じNew Relicアカウントに属している場合、残りのヘッダー(『X-NewRelic-App-Data』)がHTTP応答に挿入されます。

New Relicは、New Relic Browserのページ読み込みのタイミング(実際のユーザーの監視またはRUMとも呼ばれる)に使用されるが、異なるキーを持つ難読化スキームと等しい難読化スキームを使用して、これらのヘッダーのすべてを難読化します。

HTTPヘッダー 説明
『X-NewRelic-ID』
(リクエストヘッダー内)
通話を行っているアプリケーションのアカウントIDとアプリケーションIDが含まれます。
『X-NewRelic-Transaction』
(リクエストヘッダー内)
呼び出しによって作成された個々のトランザクションに関する情報(呼び出し元のトランザクションに固有のGUIDと、そのトランザクションを生成したアップストリームの呼び出しに関する情報が含まれています。)
『X-NewRelic-App-Data』
(該当する場合は応答内)
呼び出し先のアプリケーションに関する情報が含まれています。

  • アカウントID
  • アプリケーションID
  • 呼び出し先のトランザクションの名前
  • 呼び出し先のトランザクションのタイミング情報
  • 呼び出し先のトランザクションのGUID

 

マップオプション

アプリケーションのアプリケーション間のトレーシングの詳細を表示するには、HTTP要求を介して相互に通信する2つのアプリケーションが必要です。 また、 マップ昨日をNew Relicエージェントがサポートしていることを確認してください。

  • 複数のアプリケーション間でコールフローの1つのインスタンスを表示するには、トレースマップを選択します。
  • トランザクションへの多数のコールの共通パスを表示するには、トランザクションマップを選択します。

New Relicエージェントがマップ機能をサポートしていない場合でも、アプリとその関連サービスをアーキテクチャマップとして表示できます。 New Relic APMメニューバーから、アプリケーション>(選択したアプリ)>監視>マップを選択します。 これは、たとえば、クロスアプリケーショントレースのアプリ間の関係を確認するのに役立ちます。

ビデオ

オリジナルのクロスアプリケーショントレース機能(トレースマップなし)に関する以下のビデオをご覧ください。

New Relic APMのオリジナル機能とのクロスアプリケーショントレーシングの例については、このビデオをご覧ください(4分)。  learn.newrelic.comでさらにビデオやチュートリアルを見ることができます。

 

関連情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。

  • クロスアプリケーショントレースの表示(呼び出しフローの単一インスタンスの手順と例)
  • トランザクションマップの表示(多数の呼び出しに対する共通パスの手順と例)
  • クロスアプリケーショントレーシングのトラブルシューティング(エージェント要件、ハイスループット、プロキシ、マルチスレッド処理など)
  • トランザクションページ(個々のトランザクションのパフォーマンスを表示し、トランザクションのトレースにアクセスする)
  • トランザクショントレース(New Relicのトランザクショントレース機能の概要)

New Relic のオンラインテクニカルコミュニティーのNew Relic APMに関するディスカッションに是非ご参加ください! テクニカルコミュニティーは、New Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

 

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。