トランザクショントレースの構成
トランザクショントレースの構成

トランザクショントレースの構成

トランザクショントレースの構成

New Relic APMでは、トランザクショントレースは、アプリケーションのトランザクションとデータベースコールに関する詳細な情報を記録します。 トランザクショントレースが自分のサブスクリプションレベルの一部として含まれている場合、それらはデフォルトでNew Relic APMで使用可能になります。 ここでは、トランザクショントレースのデフォルト設定を編集する方法について説明します。

この機能へのアクセスは、サブスクリプションレベルによって異なります。

トランザクショントレースの基本的な説明については、トランザクショントレースを参照してください。

 

エージェントを介したトランザクショントレースの構成

New Relicエージェント設定ファイルを使用して、トランザクショントレース設定をカスタマイズすることができます。 NodeおよびPHP以外のすべてのエージェントについては、これらの設定をUIで変更することもできます。

トランザクショントレース構成オプションを表示するには、New Relicの言語エージェントを選択してください。
Go
Java
.NET
Node
PHP
Python
Ruby

 

UIを介したトランザクショントレースの構成

New Relic Node.jsとPHPエージェントは、UIを介した設定を許可していません。 これらのエージェントを使用している場合、トランザクショントレース設定はUIでは表示はされますが、編集はできません。 New Relicエージェントを使用してこれらの設定を変更する方法については、エージェントトレースの構成を参照してください。

New Relic APM UIのトランザクショントレース設定にアクセスするには、以下の手順を実行します。

  1. rpm.newrelic.comからAPM>(選択したアプリ)>設定>アプリケーションを選択します。
  2. ページの右側にある詳細設定を表示してすべての設定オプションを表示するを選択します。

UI内に見つかるランザクショントレース設定の説明を次に示します。 利用可能な設定とその正確な説明は、使用するNew Relicエージェントによって異なります。

 

トランザクショントレースを有効にするには?
チェックボックスを選んで、トランザクショントレースをオンまたはオフにしてください。トランザクショントレースを生成するには、ボックスにチェックを入れる必要があります。自分のサブスクリプションレベルにトランザクショントレースが含まれている場合は、デフォルトで有効になります。
しきい値
トランザクションがしきい値を超えると、トランザクショントレースの候補になります。 既定のしきい値は『apdex_f』で、これは Apdex Tの値に4を掛けた値に等しくなります。
または、しきい値を特定の秒数に設定することもできます。 秒数のしきい値が設定されていれば、独自のカスタムApdex値を持つキートランザクションの場合でも、これはすべてのトランザクションのしきい値として機能します。

 

SQLを記録するには?
この設定は、SQLやSQLのようなクエリデータのコレクションを制御します。 New Relicエージェントでは、認識して収集するクエリコマンドの種類が異なります。
可能な設定は3つあります。
  • Obfuscated(難読化):これは最高のセキュリティー設定と既定の設定です。 クエリの数値と文字列リテラルを疑問符で置き換えます。
  • Off:データベースクエリの収集をオフにします。
  • Raw:可能性のあるすべてのデータベースクエリを、難読化せずに記録します。 これは、機密データがクエリで公開されている場合は、潜在的なセキュリティーの問題となります。
スタックトレースしきい値
これは、エージェントがスタックトレースを生成する最小のしきい値(秒単位)です。 一部のNew Relicエージェントの場合、このしきい値はトランザクション内のどのセグメントにも適用されます。 他のエージェントの場合、しきい値はデータベース照会にのみ適用されます。

スタックトレースは、比較的リソースが高い操作です。 このしきい値を低く設定しすぎるとアプリケーションのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があるので注意してください。

SQLクエリプランを有効にするには?
エージェントを有効にすると、エージェントはSQLプラン(Explainプランとも呼ばれます)をデータベースに要求します。 Explainプランには、低速クエリのデータベース実行の背後にあるプロトコルが含まれています。
クエリプランのしきい値
クエリの応答時間がこの値を秒単位で超過すると、エージェントはデータベースからデータベースクエリプランを要求します。 これはSQLクエリプラン(上記)が有効になっているときのみアクティブです。
memcacheキーをキャプチャするには?
memcacheキーの取得を有効または無効にします。 (Pythonでは利用できません)

これらの値は「サニタイズ」(難読化)できません。キーに機密データが含まれている場合は、この機能を有効にしないでください。

エラー収集を有効にするには?
エラー収集を有効または無効にします。 このチェックボックスの下には、特定の種類のエラーを無視するオプションもあります。
低速クエリのトレースを有効にするには?
低速クエリデータのコレクションを有効または無効にします。
スレッドプロファイラを有効にするには?
スレッドプロファイリングを有効または無効にします。
クロスアプリケーショントレーシングを有効にするには
クロスアプリケーショントレーシングを有効または無効にします。

 

キートランザクショントレースの構成

他のトランザクションとは違った方法で監視または警告したい場合には、トランザクションをキートランザクションにすることができます。キートランザクションとその使用方法の詳細については、キートランザクションを参照してください。
トランザクションをキートランザクションにする利点の1つは、一般的なApdex Tしきい値とは異なるトランザクション固有のApdexを設定することができることです。キートランザクションのApdexを変更すると、トランザクショントレースを作成する確立値が変わります。
たとえば、キートランザクションがトランザクショントレースを生成する確立値を高めたい場合は、そのApdex T値を下げます。キートランザクションをトレースする可能性を低くしたい場合は、Apdex T値を上げます。

トランザクショントレースのしきい値を既定のApdex設定ではなく若干の秒数に設定すると、カスタムApdex設定を持つキートランザクションの場合でも秒数のしきい値が全てのトランザクションのしきい値として機能します。

 

カスタムトランザクションを作成

New Relicエージェントによってトランザクションとして自動的に取得されないアプリケーションアクティビティのカスタムトランザクションを作成できます。 詳細については、カスタム計測を参照してください。

 

HTTP要求の属性、パラメータの収集

データセキュリティー上の理由では、トランザクショントレースは潜在的に機密性の高いHTTP要求属性を収集しません。 トレースは、いくつかの基本的なHTTP要求の属性を収集します。これを、New Relicではエージェント属性と呼びます。 属性コレクションの設定を編集する方法については、New Relicエージェントのドキュメントを参照してください。

  • Go
  • Java
  • .NET
  • Node.js (does not allow HTTP attribute configuration)
  • PHP
  • Python
  • Ruby

カスタム属性の取得方法については、カスタム属性の収集を参照してください。

トランザクショントレースの削除

トランザクショントレースを削除する手順は次のとおりです。 トランザクショントレースを削除すると永久に削除されます。

単一のトランザクショントレースの削除
トランザクショントレースレコードを永久に削除するには、次の手順を実行します。
  1. New Relic APMで、トランザクショントレースを選択します。
  2. トランザクショントレースの下にあるこのトレースを削除を選択します。
全てのトランザクショントレースの削除

選択したアプリの全てのトレースを永久に削除するには、次の手順を実行します。

  1. New Relic APMで、トランザクションページに移動します。
  2. トランザクションリストの一番下にあるすべてのトレースを削除を選択します。

すべてのトランザクショントレースレコードがUIから消えるまでに15分以上かかる場合があります。

自分のアカウントの全てのトレースを削除するには、サポートを受けてください。

一般的なレコードクリーンアップを行っている場合は、データベースと低速クエリトレースまたはエラートレースを削除することもできます。 これにより、他のアプリケーションデータ(Apdexや展開情報など)を保持しながら、潜在的に機密性の高いデータが削除されます。

関連情報

New Relic オンラインテクニカルコミュニティー での New Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください ! テクニカルコミュニティーはNew Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。