トランザクショントレース
トランザクショントレース

トランザクショントレース

トランザクショントレース

New Relic APMでは、トランザクショントレースは、アプリケーション内にある単一のトランザクションの詳細なスナップショットを提供します。 トランザクショントレースは、利用可能な関数呼び出し、データベース呼び出し、および外部呼び出しを記録します。 トランザクショントレースを使用して、パフォーマンスの問題をトラブルシューティングしたり、アプリの動向を詳細に把握したりすることができます。

この機能へのアクセスはサブスクリプションレベルによって異なります。

トランザクショントレースの基本

New Relic APMにおいて、トランザクショントレースはトランザクションを構成するセグメントを記録します。 それらはより詳細な情報を提供してくれるので、トランザクショントレースを使用して、パフォーマンスの問題を分析してトラブルシューティングを行うことができます。

New Relicエージェントがどのトランザクションをトレースするかを制御する既定の規則は次のとおりです。

  • 1分間の捕獲サイクルで、しきい値に違反するすべてのトランザクション(Apdex T値の4倍または特定の秒数)がトランザクションプールに追加されます。
  • 1分間の終わりに、New Relicエージェントはそのプール内で最も遅いトランザクションを選択し、そのトランザクショントレースを実行します。

これらは一般的な規則ですが、エージェント固有の違いがいくつかあります。 1つの例:Javaエージェントは、時には非低速トランザクションを収集します。 もう1つの例:あるトランザクションが頻繁にトレースされる場合、エージェントによっては、より多様なサンプリングを行うために他のトランザクションが選択されます。

自分のアカウントにトレースが表示されていない場合、必要な基準を満たすトランザクションはない可能性があります。 この場合、トランザクショントレース設定を調整して、一部のトランザクションを確実にトレースすることができます。

New Relic Syntheticsを使用すると、Synthetics monitor tracesが表示されます。 Syntheticsトレースは、APMトレースよりも頻繁に発生することがあります。1分に数回あることもあります。

 

トランザクショントレースの構成

トランザクショントレース設定を編集する方法については、トランザクショントレースの構成を参照してください。

キートランザクションのトランザクショントレースを作成する方法については、キートランザクションのトレーシングを参照してください。

 

UIのトランザクショントレースの検索


rpm.newrelic.comから、APM>(選択したアプリ)>トランザクション>(選択したトランザクショントレース):を選択します。これはNew Relic APMのトランザクショントレースのサマリページです。 また、トレース詳細ページで詳細を表示し、もしデータベースクエリがあれば、データベースクエリページで検査することができます。

 

トランザクショントレースは、APMトランザクションページまたはAPMサマリーページのいずれかから検索できます。

トランザクションページより

  1. rpm.newrelic.com/apmから、アプリケーションを選択し、トランザクションページを選択します。
  2. トランザクショントレースの下で、トランザクショントレースを選択して、そのトレースのサマリーページを表示します。

Overviewページより

  1. rpm.newrelic.com/apmからアプリをクリックして、Overviewページを表示します。
  2. トランザクションセクションで、トランザクションの下にあるトランザクショントレースリンクを選択します。すると、そのトレースのサマリーページに移動します。

トランザクショントレースを選択すると、メインのUIページが表示されます。

  • サマリーページ:トランザクショントレースを選択したときのランディングページ:最低速のコンポーネントとトランザクションの属性が表示されます。
  • トレース詳細ページ:トランザクションの記録されたすべてのセグメントを表示し、関連するスタックトレースおよびデータベースクエリデータへのリンクを表示します。
  • データベースクエリページ:トレースにキャプチャされたすべてのデータベースコールのテーブルを表示します。
  • アプリケーション間トレースマップ:複数のアプリケーションがNew Relicによって監視されている場合、接続のマップが表示されます。 (一部のNew Relicエージェントでは使用できません)。

トランザクショントレースが表示されない場合は、トラブルシューティング:トランザクショントレースが表示されないを参照してください。

 

ビデオ例:トランザクショントレースに関する問題のトラブルシューティング

トランザクションのトレースとエラートレースを使用してアプリのパフォーマンスの問題をトラブルシューティングする方法を示す以下のビデオをご覧ください。

トランザクショントレースとトレースされたエラーを使用してアプリケーションのトラブルシューティングを行う方法については、このビデオをご覧ください(約16分)。  learn.newrelic.comでさらにビデオやチュートリアルを見ることができます。

トランザクショントレース、低速クエリ、およびサービスマップを使用してパフォーマンスの問題を解決する方法の詳細については、パフォーマンスの問題の分析を参照してください。

 

関連情報

New Relic のオンラインテクニカルコミュニティーのNew Relic APMに関するディスカッションに是非ご参加ください! テクニカルコミュニティーは、New Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。