X-Rayセッションの開始、停止、削除
X-Rayセッションの開始、停止、削除

X-Rayセッションの開始、停止、削除

X-Rayセッションの開始、停止、削除

実行時には、1つのキートランザクションに対して一つのX-Rayセッションを持つことができます。別のセッションを開始する場合は、現在実行中のセッションのステータスアイコンを選択してそのセッションを停止する必要があります。一度、X-Rayセッションを停止すると再起動することはできません。ただし、いつでも削除して新しいセッションを作成することができます。

この機能が利用できるかは、お使いの サブスクリプションレベルにより異なります。

X-Ray セッションの開始

X-Ray セッションを開始する方法は以下のとおりです。


New Relic APM もしくは New Relic Browser > Key transactions > (選択したキートランザクション) > X-Ray:.X-Rayセッションリストから、新しいセッションを開始します。既存の X-Ray セッションの要約の表示や選択、停止、削除、編集(名前変更)も行うことができます。

 

  1. New Relic APM、New Relic Browser のメニューバーから、キートランザクション > (選択したキートランザクション) > X-Ray > X-Rayセッションを開始する。を選択します。
  2. X-Rayセッションの開始ウィンドウにセッション名を入力します。
  3. 要求されたトレース数最大期間を選択する、もしくはデフォルト設定 (1時間最大、50 トレース) を使います。
  4. X-Ray セッション開始を選択します。

X-Rayセッション開始後、New Relicでは X-Rayセッションのリストを(新しい順に)自動的に更新され、セッションの状態が実行中と表示されます。また、現在の進捗、トレース数、作成者(X-Rayセッション作成者のメールへのリンク)、セッション開始時間も表示されます。

 

X-Ray セッションの停止と削除

X-Rayセッションは、要求した数のトランザクショントレースを収集した後、または1時間のいずれか早い方が完了した時、自動的に停止します。また、手動でいつでもX-Rayセッションの停止や削除を行なうことができます。

X-Ray セッションの状態が実行中の場合、いつでも停止できます。現在の状態が完了、または停止でなければX-Rayセッションを削除することはできません。

  1. New Relic APM またはNew Relic Browser のメニューバーからキートランザクション > (選択したキートランザクション) > X-Rayを選択します。
  2. X-Rayセッションリストから、X-Ray セッションのステータスアイコンを選択します。次に、確認プロンプトを選択します。

X-Ray Sessions

 

関連情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。

  • X-Ray セッション (New Relicの X-Rayセッション機能の概要とその機能と標準のイベントスレッドプロファイラーとの比較)
  • X-Ray セッションの表示 (既存の X-Ray セッションのメニューオプション)
  • X-Ray セッションの Overview ページ (選択した X-Ray セッションのトランザクショントレースのページやドリルダウン詳細)
  • X-Ray セッションのスレッドプロファイルページ (X-Ray セッションのスレッドプロファイラーの結果を表示するページやドリルダウン詳細)
  • X-Ray セッション名の変更 (現在の状態に関わらず X-Ray セッションの名前を変更するための編集アイコン)

New Relic オンライン テクニカル コミュニティのNew Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください! テクニカルコミュニティは、 New Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。