X-Ray セッションの表示
X-Ray セッションの表示

X-Ray セッションの表示

X-Ray セッションの表示

X-Rayセッション開始後、 (New Relic APMまたはNew Relic Browser > キートランザクション > (選択したキートランザクション) > X-Rayから)、New Relicは、最大100個のトランザクショントレースとキートランザクションのスレッドプロファイルを収集します。コレクションの収集は選択したオプションに基づき自動的に停止します。

この機能が利用できるかは、お使いの サブスクリプションレベルにより異なります。

X-Ray セッションリストの表示

X-Ray セッションリストは 10 秒毎に自動的に更新されます。X-Ray セッションリスト(新しい順)では以下の項目を表示します。

  • X-Ray セッション名
  • 現在の進捗
  • トレース数
  • 作成者(X-Rayセッションの作成者のメールのリンク)
  • セッションの開始時点
  • 現在の状態(起動)、実行中、停止、終了)
  • X-Rayセッションの編集 (名前の変更)、停止 (キャンセル)、削除のアイコン

X-Rayセッションのリストの中から、任意の行を選択すると、ページの詳細が表示されます。


キートランザクション> (選択したキートランザクション) > X-Ray: New Relic APMまたはNew Relic Browser X-Ray セッションのリストからX-Rayセッション名を選択すると、ページにトランザクショントレースとプロファイル結果が表示されます。また、ページ上部にあるリンクを選択すると、X-Ray のセッションに対応したキートランザクションやアプリケーションが表示されます。

 

X-Rayセッションのページの選択

X-RayセッションのOverview ページとスレッドプロファイルページの表示の方法は以下の通りです。

  1. New Relic APMまたはNew Relic Browserのメニューバーから、キートランザクション > (選択したキートランザクション) > X-Ray > (選択したX-Rayセッション) を選択します。
  2. .X-Rayセッションに対応するキートランザクションやアプリケーションを表示するには、Overview ページやスレッドプロファイルページの上部にある個々のリンクを選択します。
  3. X-Ray セッションのOverviewページとスレッドプロファイル ページを切り替えるには、それぞれのタブを選択します。

 

関連情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。

  • X-Ray セッション (New Relic の X-Ray セッション機能の概要とその機能と標準のイベントスレッドプロファイラーとの比較)
  • X-Ray セッションの開始、停止、削除 (手順)
  • X-Ray セッションのOverviewページ (選択した X-Ray セッションのトランザクショントレースにおけるページとドリルダウン詳細)
  • X-Rayセッションの スレッドプロファイル ページ (X-Ray セッションのスレッドプロファイラーの結果を表示するページやドリルダウン詳細)
  • X-Ray セッション名の変更 (現在の状態に関係なく、X-Ray セッションの名前を変更するための編集アイコン)

New Relic オンライン テクニカル コミュニティのNew Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください! テクニカルコミュニティは、 New Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。