X-Ray セッションの Overview ページ
X-Ray セッションの Overview ページ

X-Ray セッションの Overview ページ

X-Ray セッションの Overview ページ

X-Rayセッションのトランザクショントレースの結果を表示するには、New Relic APM またはNew Relic Browser のメニューバーから、キートランザクション > (選択したキートランザクション) > X-Ray > (選択したX-Rayセッション) を選択します。選択したX-RayセッションのOverview ページには、収集したトレースの合計数を表示されます。ページには、並び替え可能なサンプルのパフォーマンスの詳細が表示されます。また、カテゴリー別にトレース、アプリケーションサーバー、スループット、セグメントの応答時間の詳細がチャートとテーブルで表示されます。

この機能が利用できるかは、お使いの サブスクリプションレベルにより異なります。

Overviewの詳細のドリルダウン

選択されたX-RayセッションのOverviewページでは、New Relic の標準のユーザーインターフェースの機能ページの機能が使えます。以下は選択されたX-Rayセッションの詳細情報にドリルダウンして出来ることの例です。

 

行いたいこと 実施すること
並び順を変更する 利用可能な任意の Sort byオプションを選択する。
特定のトレースの詳細を見る 該当するトレース行を選択する。
特定の応答時時間に該当するトレースを見る トレースの応答時間の分布チャート上で、要約情報の任意の列にカーソルを当てる、もしくは、該当のトレースのみを一覧表示するために列を選択する。
応答情報の要約を見る アプリサーバーのブレイクダウンもしくは応答時間とスループットチャートで、チャート上の任意の場所にカーソルを当てる。
関連するアプリの内訳の詳細を非表示にする(もしくは、戻す)  アプリサーバーのブレイクダウンもしくは応答時間とスループットチャート上で、対応するラベルのリンクを選択する。
トレースのカテゴリとセグメントの完全なリストを表示にする(もしくは、非表示にする) 最も遅いコンポーネント表の下から全セグメントを表示 (もしくは全セグメントを非表示を選択する)。

 

関連情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。

  • X-Ray セッション (New Relic の X-Ray セッション機能の概要とその機能と標準のイベントスレッドプロファイラーとの比較)
  • X-Ray セッションの開始、停止、削除 (手順)
  • X-Ray セッションの表示 (既存の X-Ray セッションのメニュー)
  • X-Ray セッションの Overview ページ  (選択した X-Ray セッションのトランザクショントレースのページやドリルダウン詳細)
  • X-Ray セッションのスレッドドリルページ (X-Ray セッションのスレッドプロファイラーの結果を表示するページやドリルダウン詳細)

New Relic オンライン テクニカル コミュニティのNew Relic APMに関するディスカッションにぜひご参加ください! テクニカルコミュニティは、 New Relicツールセットについて議論し、トラブルシューティングを行うための公開プラットフォームです。

PROプランのすべての機能を
14日間無料でお試し

新規無料登録いただくとPROプランのすべての機能を
14日間無料でお試しいただけます。
クレジットカードなど決済情報の登録は不要です。

各プランの詳細はこちらからご確認ください。