Browsers:種類やプラットフォームの問題
Browsers:種類やプラットフォームの問題

Browsers:種類やプラットフォームの問題

New Relic BrowserのBrowsersページでは、Google のChrome, MozillaのFirefox, MicrosoftのInternet Explorer, またAppleのSafariといったブラウザーの種類ごとにエンドユーザー体験に関する情報を提供します。このページで表示する項目は下記を含みます:

  • スループット(毎分のページ数またはppm)のすぐれたブラウザー
  • プラットフォームの種類(モバイル、タブレット、デスクトップ)ごとのページ読み込み時間の平均

ドリルダウンチャートでは、例えばChrome31, 32, 33といった、選択されたブラウザーの種類のバージョンごとにもセグメント化します。これは、ページ読み込みのタイミングの問題が特定のブラウザーの種類またはプラットフォームに関連があるかどうか、またはその問題が広い範囲に亘っているかどうかを素早く見極めるために役立ちます。

ブラウザーの種類ごとに表示する

ブラウザーの情報を見るには、New RelicのメニューバーからBrowser > Browser アプリ > (選択したアプリ) > ブラウザーを選択します。


Browser > Browser アプリ > (選択したアプリ) > ブラウザー:このページでは、エンドユーザーのブラウザーの種類ごとにスループット(毎分のページ数)およびページ読み込み時間の平均に関する情報を表示します。
New Relicに標準のユーザーインターフェースの機能ページ機能を使うことで、詳細にドリルダウンすることができます。下記はBrowserページの追加機能の概要となります:

目的 手段
特定の期間のブラウザー情報のサマリーを表示する チャート上の任意の範囲にマウスオーバーします。
チャート上のデータを隠す(または返す) チャートのレジェンド上の該当する色やタイトルを選択します。
ブラウザーに関する詳細情報を表示する リスト上、またはチャート上の場所を選択します。
詳細ウインドを閉じてBrowsersページに戻る X(閉じる)を選択します。

特定のブラウザーの詳細を見る

ドリルダウンできる詳細データには、バージョンやページ読み込み時間の平均によるブレイクダウンを含みます。


Browser > Browser アプリ >(選択したアプリ) > Browsers > 選択されたブラウザーの種類:上の図は、特定のブラウザーの種類(Firefox)での例を示しています。ユーザーに最も多く使われているのはバージョン32.0であり、レジェンド内のこのラベル(または他のどれでも)を隠すことで、その他のバージョンについての詳細を検証することができます。
ページ読み込みのタイミングに対する色分けされたセグメントは以下を含みます:

  • リクエストキューイング(黒):ウェブサーバーとアプリケーション間のウェイトタイムを示します。数の大きいとアプリケーションサーバーがビジーであることを示します。
  • ウェブアプリケーション(紫):アプリケーションのコード内で使われた時間を示します。
  • ネットワーク(茶):ネットワークのレイテンシー、またはリクエストがインターネットを一周して戻ってくるまでの時間を示します。
  • DOM処理(黄):ブラウザー内でパースまたは変換されたHTMLを示します。これはブラウザーの「DOMContent」イベントで計測されます。
  • ページレンダリング(青):ブラウザー内でHTMLを表示、インラインのJavaScriptの実行、また画像の読み込みを行います。これはブラウザーの読み込みイベントで計測されます。

コピー/ペーストでデプロイされたアプリについては、New Relic Browserはウェブアプリとネットワークタイム内のキュータイムを含みます。

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次の通りです:

  • リクエストキューイングとフロントエンドの時間をトラッキング(ウェブリクエスト、リクエストキューイング、ミドルウェアの実行についての概要)
  • Apdex: ユーザーの満足度を計測(応答レベル、スコア、エラー、不満度のパーセンテージなど、Apdexによるエンドユーザーのアプリ満足度の計測方法)

New Relicのオンライン テクニカル コミュニティでBrowserを使ったモニタリングについて議論しましょう!トラブルシューティングや質問をしたり、Java ScriptエラーのレポートAJAXタイミングの詳細を話し合うことができます。