JavaScript API (deprecated)
JavaScript API (deprecated)

JavaScript API (deprecated)

“https://docs.newrelic.com/docs/browser/new-relic-browser/browser-agent-apis/javascript-api-deprecated\n【JavaScript API(廃止予定)】

廃止予定

New Relic BrowserのJavaScript APIは【廃止予定】です。ページの読み込み【後】にイベントまたは情報をキャプチャする必要がある場合、代わりに《Browser agent API》を利用してください。Browser agent APIは廃止予定のAPIより能力が高いため詳細をキャプチャできます。また、セッショントレースまたは《New Relic Insights》におけるカスタムイベントの記録もできます。
\n【ページ読み込みのタイミングを有効にする】

《ページ読み込みのタイミング》(リアルユーザーモニタリングまたはRUMとも呼ばれる)は、ページを作成する場合、New Relic各エージェントを利用してJavaScriptをページに動的に埋め込みます。収集されたページ読み込みのメトリクスはWebサイトを通してエンドユーザーエクスペリエンスに対する洞察を提供します。
《Browser agent API》の代わりに廃止予定のJavaScript APIの利用を継続する必要がある場合、《ページ読み込みのタイミングを有効にする》必要があります。埋め込まれたブラウザーモニタリングスクリプトによりロードされる【nr.js】ファイルはページ読み込みのタイミングのためのJavaScript APIを含みます。
このJavaScript APIはページ読み込みそれ自体が生成したタイミングデータに置き換わったり、上書きしたりはしません。さらに詳しいタイミングのデータは《【Page views】ページ》に表示されます。
\n【JavaScript API(廃止予定)の利用】

ブラウザーJavaScriptはメトリクスのレポートされるアカウントやアプリケーションを定義します。ページが読み込まれると、New Relic Browserに対してタイミングメトリクスを追加でレポートするために次のメソッドが利用されます。
『NREUM.inlineHit(request_name, queue_time, app_time, total_be_time, dom_time, fe_time)』コールを有効にするには全ての引数が必要ですが、0に設定される場合もあります。このメソッドをコールすると、関数のコール元のURLにさらにタイミングデータを追加できます。その後に追加のタイミングデータに問題が起こることはありません。もっと詳細なタイミングデータを閲覧したい場合は、《ブラウザーエージェントAPI》を利用してください。

【JavaScript APIの値】  【説明】
『request_name』
request_nameはWebページまたはサービス名です。request_nameは指定される必要があります。request_name名はデータのレポート元のURLを表示する、New Relic Browser の【Page views】ページの《APM Transactionsタブ》に表示されます。New Relicのメニューバーから【ブラウザー>(選択するアプリ)>Page views>(選択するURL)>APM Transaction】の順に選択してください。
『queue_time (total_be_timeの一部)』これはWebサーバーキューで費やされるミリ秒数であり、不明である場合、0になります。
queue time + app_time <= total_be_time この式の計算結果のようにならない場合は、サンプル値は無効なものとして捨てられます。 『app_time (total_be_timeの一部)』 これはWebアプリケーションコードで費やされるミリ秒数であり、不明である場合、0になります。 queue time + app_time <= total_be_time この式の計算結果のようにならない場合は、サンプル値は無効なものとして捨てられます。時間が0であるとレポートされた場合、レポートされたデータはNew Relic Browserのページ読み込みのタイミングの情報にのみ表示されます。New Relic BrowserのPage viewsページの中のページビューのAPM Transactionsタブには表示されません。 『total_be_time』これは遠隔サービスコールの合計ラウンドトリップミリ秒数(『queue_time』や『app_time』を含む)です。ネットワーク時間は以下の差として計算されます。network = total_be_time - app_time - queue_time 『dom_time (fe_timeの一部)』これは、ブラウザーがWebリクエスト(またはユーザー定義)の結果を処理するのに費やしたミリ秒数です。たいていの場合、0です。この値はエンドユーザーブレイクダウンチャートの【DOM処理】セクションに表示されます。 dom_time <= fe_time 『fe_time』 これは、Webリクエスト(またはユーザー定義)の結果を処理、レンダリングするのに費やしたミリ秒数です。エンドユーザーブレイクダウンチャートの【Pageレンダリング】セクションに表示されます。たいていの場合、0です。ページレンダリング時間は以下の式で計算されます。 rendering_time = fe_time - dom_time\n【関連情報】 追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。 《Insights JavaScript APIを利用してカスタムイベントや属性を挿入》 《ブラウザーエージェントAPIを利用してデータやイベントをレポート》 《ページ読み込みのタイミングのインストルメンテーション》(JavaScript要素、データ伝送) New Relicの《オンラインテクニカルコミュニティ》でブラウザーモニタリングについて議論しましょう!トラブルシューティングや質問をしたり、《JavaScriptエラーレポート》や《AJAXタイミング》の詳細を話し合うことができます。 さらにヘルプが必要な場合は《support.newrelic.com》のサポートを受けてください。 \n\n\n\n\n\n\n\n\n\n\n\n\n"