New Relic Browserにアプリを追加する
New Relic Browserにアプリを追加する

New Relic Browserにアプリを追加する

New Relic Browser はJavaScriptスニペットを使ってアプリのウェブページをインストルメント化します。 JavaScriptはブラウザーモニタリングに必要なデータを収集します。 New Relic Browserでアプリを有効にするには、いずれかの設定可能なオプションをお使いください。

New Relic Browserの導入、有効化や設定の方法、またユーザーインターフェースを最大限に活用するためのビデオライブラリーについては、learn.newrelic.comをご覧ください。

デプロイメントオプションを選択する

New Relic Browserをデプロイする際の設定に関わらず、結果は同じです:ブラウザーモニタリングに必要なNew Relic BrowserのJavaScriptスニペットをアプリに組み込むことです。お好みやビジネスのニーズに応じて手段をお選びください。

New Relic Browserのデプロイメントオプション 説明
アプリを選択する
New Relic APMによって監視
ブラウザーモニタリングに必要なJavaScriptスニペットの組み込みをNew Relic Browserに許可することで、すでにNew Relic APMによって監視されているアプリをデプロイする最も簡単な手段を提供します。設定可能なアプリはNew Relic APMのアプリケーションインデックスにリストされます。
New Relic APMでアプリにJavaScriptスニペットをペーストする New Relic BrowserのJavaScriptスニペットをコピー/ペーストすることで、アプリのウェブページにJaaScriptを正確に配置し制御することができます。これは一般的なサーバーサイドのアプリと同様に(例:クライアントサイドのアプリが REST APIのバックエンドと通信を行うような場合)、APMのアプリがブラウザーアプリと密接に連携していない場合に有用です。
シングルページアプリ (SPA) のモニタリングを有効にする SPAデータの収集にあたっては、New Relicのシングルページのアプリを有効にする設定を選択することが可能です。

この機能にアクセスできるかどうかは、サブスクリプションレベルによって異なります。
スタンドアローンのアプリを有効にする アプリのウェブページにJavaScriptスニペットをコピー/ペーストすることで、New Relic APMなどの他の製品をデプロイすることなくNew Relic Browserを使うことが可能になります。これは、Jekyllのような静的なサイトやCDNによって提供されるページのキャッシュを監視するのに有用な設定です。
New RelicのREST API (v2) または API エクスプローラーを使う The REST API (v2) は、New Relic Browserのユーザーインターフェースの外側でデプロイメントを管理する手段を提供します。これは、複数のアプリをデプロイするような比較的規模の大きい組織で有用な機能です。
エージェントAPIを使って手動でインストルメント化する New Relic APMが監視するアプリではAPM agentのAPIを使ってJavaScriptを組み込むことが可能です。

APMで監視するアプリを有効化する

下記の方法で、New Relic APMが監視するアプリをNew Relic Browserで有効化することができます。

  1. rpm.newrelic.com/browser から Browser アプリ > さらに追加を選択します。
  2. New Relic BrowserのデプロイメントページからNew Relic APMから有効化を選択します。
  3. サブスクリプションレベルに応じて設定可能なオプションをBrowser agentのインストルメンテーション 機能から選択します。
  4. アプリ名を直接入力するか、検索ウインドウを使ってアプリ名を検索します。
  5. 有効化を選択します。
  6. New Relic Browser がデータ収集を開始するまで数分お待ち下さい。その後、Browserのアプリケーションインデックスからアプリを選択してください。
  7. 数分経ってもデータが表示され始めない場合、または他に問題がある場合は、ブラウザーモニタリングのインストールに関するトラブルシュートの手順に従ってください。

コピー/ペーストで有効化する

ブラウザーモニタリングに際して、New Relic BrowserのJavaScriptスニペットの挿入を手動で行う場合は次の手順に沿ってください。これは、Jekyllのような静的なサイトやCDNによって提供されるページのキャッシュを監視するのに有用な設定です。

JavaScriptスニペットの下部には、New Relic BrowserのライセンスキーとアプリケーションIDが生成されます。これは例えば、New Relic REST API (v2)やAPIエクスプローラーを使う時に有用です。
  1. rpm.newrelic.com/browser からBrowserアプリ > さらに追加を選択します。
  2. New Relic BrowserのデプロイメントページからJavaScriptコードをコピー/ペーストするを選択します。
  3. サブスクリプションレベルに応じて設定可能なオプションをBrowser agentのインストルメンテーション 機能から選択します。
  4. アプリ名を設定する:
    New Relic APMでアプリを監視している場合ははいを選択し、直接入力するか、検索ウインドウを使ってアプリ名を検索してください。
    New Relic APMが監視していない、New Relic Browser向けのスタンドアローンのアプリについてはいいえを選択し、次にアプリ名を入力してください。
  5. スニペットを生成するを選択してください。
  6. 自動的に表示されるコードスニペットをコピーし、ページの<head>部分のできる限り最上段にペーストしてください。ただし、配置位置依存の<meta>タグ(例:X-UA-Compatibleまたはcharset)の後ろにペーストしてください。
  7. New Relic Browser がデータ収集を開始するまで数分お待ち下さい。その後、Browserのアプリケーションインデックスからアプリを選択してください。

数分経ってもデータが表示され始めない場合、または他に問題がある場合は、ブラウザーモニタリングのインストールに関するトラブルシュートの手順に従ってください。

>コピー/ペースト方法を使ったあとに設定を終了しない場合でも、アプリのBrowserの設定ページまたはNew Relic REST API (v2)から生成されたJavaScriptスニペットの表示やコピーが可能です。

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次の通りです:

  • アプリをシングルページアプリのモニタリングに追加する(New Relic BrowserのSPAモニタリングを有効化する方法)
  • Browser agentをアップグレードする (New Relic Browserのバージョン番号の確認、最新バージョンへのアップグレード)
  • New Relic Browserからアプリを削除する (New Relic APMでも監視されているアプリをNew Relic Browserから削除する)
  • Browserの設定 (Apdex, 地域、JavaScriptのエラーレポート、AJAXタイミング、またURLのホワイトリストの設定のためのユーザーインターフェース)

New Relicのオンライン テクニカル コミュニティでBrowserを使ったモニタリングについて議論しましょう!トラブルシューティングや質問をしたり、Java ScriptエラーのレポートAJAXタイミングの詳細を話し合うことができます。