Browserの設定:ブラウザーモニタリングにあたってのユーザーインターフェースの設定
Browserの設定:ブラウザーモニタリングにあたってのユーザーインターフェースの設定

Browserの設定:ブラウザーモニタリングにあたってのユーザーインターフェースの設定

New Relic Browserの設定要件の一部として、それぞれのアプリで個別にブラウザーモニタリングを有効にする必要があります。また、ページ読み込みのタイミング(リアルユーザーモニタリング、またはRUMと呼ばれることがあります)で特定のApdex値を設定し、ページ読み込みのタイミングの詳細情報を表示するために地域を特定することができます。

  • アプリがNew Relicを通じて一度もブラウザーモニタリングのデータをレポートしていない場合は、まずBrowserのアプリケーション一覧から有効にする必要があります。その後、下記の手順に従ってブラウザーモニタリングの追加機能を有効にしてください。
  • 2014年10月以前にページの読み込みタイミングを有効にし、アプリがブラウザーモニタリングのデータをNew Relicにレポートしていた場合は、ここからNew Relic Browserを設定してください。
いくつかの機能へのアクセスは、サブスクリプションレベルによって異なります。

New Relic Browserを有効にする

New Relic Browserの導入、有効化や設定の方法、またユーザーインターフェースを最大限に活用するためのビデオライブラリーについては、learn.newrelic.comをご覧ください。

New Relic Browserを有効にするには:

  1. rpm.newrelic.com/browserからBrowserのアプリ > (選択されたアプリ) > 設定を選択します。
  2. アプリケーションの設定から、デプロイメント方法New Relic APM のインストルメンテーション または コピー/ペースト方法)を選択します。
  3. New Relicの サブスクリプションレベルに応じたBrowser agentのインストルメンテーションで可能な機能を選択してください。
  4. オプション:ブラウザーモニタリングにおけるApdex のT値 と国を選択してください。デフォルトのApdex値のままにしておくことも可能です。
  5. アプリケーションの設定を保存を選択してください。
  6. ウェブサーバーのキャッシュをクリアしてください。
  7. オプション:New Relic Browserのメトリクスのグループ化 を無効にするには、URLのホワイトリストを設定してください。
  8. New Relic APMの各エージェントを使ってJavaScriptスニペットを追加している場合は、ページ読み込みのタイミングでウェブページをインストルメンテーションしてください。

セッショントレースAJAXコール、またJavaScriptエラーといったBrowser Proの機能を有効にしている場合は、情報が有効になるまでに5分ほどかかることがあります。5分後に何もデータが表示されない場合は、トラブルシューティングのメモを参照して、エージェントを再起動してください。

コピー/ペーストでNew Relic Browserを有効にする

コピー/ペースト方法を使ってスタンドアローンのブラウザーアプリをデプロイした場合は、JavaScriptのコードスニペットの訂正する必要があります。(アプリ設定内にJavaScriptスニペットの生成の項目があります) 一度JavaScriptスニペットがスタンドアローンのアプリに組み込まれれば、そのスタンドローンのアプリは有効化されます。

APM agentを使ってウェブページをインストルメント化する

この情報は、New Relic APMを使って監視されるアプリである場合に有用となります。

New Relic agentは、ページ読み込みのタイミングをインストルメント化する際にJavaScriptを使ってウェブページを測定することができます。New Relic APMの各エージェントを使ってウェブページにJavaScriptスニペットを追加する場合は、インストルメンテーション スニペットをできる限り先頭に挿入してください。このことで、New Relic BrowserのAJAXコールJavaScriptエラーに関する詳細情報を最大限に活用することが可能となります。

詳細については、各エージェントの説明をご覧ください。

  • Go (現在準備中です)
  • Java
  • .NET
  • Node.js
  • PHP
  • Python
  • Ruby

Apdexを個別に設定する

New Relic APMでもモニタリングを行っているアプリに対しては、ブラウザーおよびNew Relic APMで別々のApdexのT値 (エンドユーザー)を設定することが可能です。

ブラウザーのApdexのT値の設定方法:

  1. rpm.newrelic.com/browser からBrowser アプリ > (選択されたアプリ) > 設定を選択します。.
  2. アプリケーションの設定から、ブラウザーモニタリングに特定のApdexのT値を設定するか、デフォルトのApdex値のままにしておきます。
  3. ブラウザーモニタリングを行う最大5つの国または地域を選択し、地域ページでハイライトさせます。複数のアプリ名に対してデータを送信する場合は、1番目及び2番目のアプリの両方で、同じ国を選択してださい。
  4. アプリケーションの設定を保存を選択してください。

New Relic Browserで監視しているアプリのApdexスコアを見るには:

  • rpm.newrelic.com/browserからBrowserのアプリ > (選択されたアプリ) > Overviewを選択します。
    または、
  • rpm.newrelic.com/browserからBrowserのアプリ > (選択されたアプリ) > ページビューを選択します。

Apdexの設定を変更するたびに、ページ読み込みのタイミングチャートに黒い縦線が表示されます。

ブラウザーモニタリング機能を無効化する

コピー/ペーストによってデプロイされたブラウザーアプリのデータ収集を止めたい場合は、アプリケーションのページからJavaScriptスニペットを削除します。

JavaScriptスニペットの挿入の際にNew Relic APMの各エージェントをお使いの場合は、ブラウザーモニタリングの幾つかの機能を個別に、またはNew Relic Browserそのものを無効化することができます。

  1. rpm.newrelic.com/browser から Browser アプリ > (選択されたアプリ) > 設定を選択します。
  2. Proアカウントの機能を無効化するには、Liteを選択します。
  3. New Relic Browserを完全に無効化するには、Offを選択します。
  4. アプリケーションの設定を保存を選択します。
  5. 適用後にNew Relic APM agentを再起動します。

ブラウザーモニタリングがオフの場合は、エージジェントはモニタリングスクリプトによるページのインストルメント化を行いません。

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは下記をご覧ください:

  • Browserアプリインデックス (New Relic Browserにインストールされ、各ページで選択/表示可能なアプリの一覧)
  • ページ読み込みタイミングのインストルメンテーション (JavaScriptエレメント、データ送信)
  • ブラウザーモニタリングのライセンスキーとアプリIDをコピーする (New Relic Browserの設定ページで、コピー/ペーストにより生成されたJavascriptを表示、コピーする)
  • New Relic Browserからアプリを削除する (New Relic APMでも監視されているアプリをNew Relic Browserから削除する)

New Relicのオンライン テクニカル コミュニティでBrowserを使ったモニタリングについて議論しましょう!トラブルシューティングや質問をしたり、Java ScriptエラーのレポートAJAXタイミングの詳細を話し合うことができます。