特定のページのブラウザーモニタリングを無効化する
特定のページのブラウザーモニタリングを無効化する

特定のページのブラウザーモニタリングを無効化する

New Relic Browserを使ってアプリケーションを監視している場合は、特定のページの監視を手動で無効化することが可能です:
特定のページのブラウザーモニタリングを停止する理由としては下記が挙げられます:

  • いくつかのページがモニタリングと関連性がない
  • 特定のページだけを監視したい
  • トラブルシューティングのためにBrowserのスクリプトを削除したい

Browserを無効化するには、デプロイメントの方法に応じて下記の手順に従ってください。

コピー/ペーストでデプロイした場合

コピー/ペーストでデプロイした場合は、監視を停止したいページからBrowserのJavaScriptスニペットを削除してください。

APM agentでデプロイした場合

New Relic APMの各エージェントを使ってJavaScriptスニペットを自動的に挿入した場合は、New Relic APMの言語エージェントAPIまたは設定ファイルを使うことで、特定のページに対してのスニペットの挿入を無効化することができます。関連情報については、お使いのエージェント向けの手順をごらんください。
Go (現在準備中です)

  • Java
  • .NET
  • PHP
  • Node.js:このエージェントはJavaScriptの自動挿入は行いません。特定のページモニタリングを停止する場合は、それらのページからのAPIコールを削除してください。
  • Python
  • Ruby

関連情報
追加のドキュメンテーションリソースは次の通りです:

  • Browserの設定: ユーザーインターフェースのオプション (Browserによるモニタリングの有効化および調整)
  • ページ読み込みのタイミングの処理 (Browserがページ読み込みをどのように監視するか)
  • Browserのモニタリングのインストルメンテーション (Browserのインストルメンテーションについての詳細)

New Relicのオンライン テクニカル コミュニティでBrowserを使ったモニタリングについて議論しましょう!トラブルシューティングや質問をしたり、Java ScriptエラーのレポートAJAXタイミングの詳細を話し合うことができます。