URLのホワイトリスト:ブラウザーメトリクスをグループ化する
URLのホワイトリスト:ブラウザーメトリクスをグループ化する

URLのホワイトリスト:ブラウザーメトリクスをグループ化する

New Relic Browserは、URLパターンをPageビューページおよびAJAXページに表示されるメトリクスとして使用します。URLパターンを使うメリットは次の項目を含みます:

  • 類似するページをグループ化することでページビューとAJAXコールのタイミングを表示
  • サイトのURLに基づいた直感的なフォーマットを使用

URLのグルーピングはNew Relic BrowserのURLスペースの分析に基づいて自動的に行われます。結果としてwww.foo.com/users/*/profileのようなURLパターンは様々なユーザーIDのパターンを省略し、類似する””ユーザープロファイル””のページビューをグループ化します。もちろんお好きなURLグループを作成することも可能です。
URLグループを作成する際の意図は、多くの異なるページビューで共通するURLの一部分をキャプチャーし、そのURLのコンテンツを生成するコードのパスに関する情報を提供することにあります。

ホワイトリストへのインプット

New Relic Browserのグループ化のアルゴリズムへのインプットはユーザーがサイトにアクセスする際のURLであり、またサイトが呼び出す(自前の、またはサードパーティの)AJAXのエンドポイントとなります。URLが読み込まれるかAJAXコールが記録された時には、まずURLからあらゆるクエリパラメータを抽出することによって絞り込まれます。SPAモニタリングが使われていない限りは、ハッシュのフラグメントも同様に絞り込みの対象となります。これらのパラメータは機密情報を含む可能性があり、多くの場合、あまりにも多種多様で広範囲にわたる情報であるため有効なグループの作成は困難となります。
URLグループは、アプリケーションが最初にNew Relicにデータをレポートする際に自動的に作成されます。

自動グループ化の動作

URLが絞り込まれた後は、New Relic Browserはリクエストを分析し、区切り文字(ドメインに対してはドット、パスに対してはスラッシュ)ごとにURLをセグメント化します。ドメインの情報はポート番号によって自動的に区切られ、(例えば)HTTPやHTTPSのエンドポイントが別々にリストされます。

URLグループの追加

アプリケーションのURLのホワイトリストを加えることで、New Relic Browserがどのようにメトリクスをグループ化するかを変更することができます。ホワイトリストにセグメントを加えることで、New Relicにレポートされる新たなデータに対してURLグループが常に表示され、*の文字ででまとめられることはありません。


Browser > Browser アプリ> (選択されたアプリ) > 設定 >セグメントのホワイトリスト:New Relic Browserによるメトリクスのグループ化をオーバーライドするためには、ドメイン、パスのセグメントをURLセグメントのホワイトリストに追加してください。

アプリケーションのホワイトリストにURLセグメントを追加するには:

  1. New RelicのメニューバーからBrowser > Browser アプリ > (選択されたアプリ) > 設定 >セグメントのホワイトリストを選択して下さい。
  2. ホワイトリストされたセグメント上でアイコンを選択し、ページビューAJAXページでグループ表示させたいセグメントを入力してください。ドメインのセグメント(ドットで挟まれたドメインのエレメント)、またはパスセグメント(スラッシュで挟まれたURLパスのエレメント)を入力してください。
  3. 変更は自動的に保存されます。
追加したセグメントがURLに表示されるセグメントと完全に合致しているかどうかを確認してください。URLパスのセグメントの文字列が.htmlまたは.jspで終わっている場合は、この拡張子はセグメントに含まれているはずです。セグメントの大文字、小文字は区別されます。

ルールの作成

URLのホワイトリストを作成するには、次のガイドラインに従ってください。

目的 手段
目に見えないセグメントをホワイトリストに入れる ホワイトリストにセグメントを入力してください。例えば、/users/*が見えていて/users/editが見えていない場合はホワイトリストにeditと入力してください。
数字、GUID、また100文字を超えるような極端に長いセグメントをホワイトリストに入れることはできません。
ドメインをホワイトリストに入れる ドメインの各セグメントを入力してください。例えばwww.newrelic.comをホワイトリストに入れるには、wwwnewrelic、そして comをそれぞれ入力してください。
パスをホワイトリストに入れる そのパスで使われる全ての単語をホワイトリストに入れてください。例えば、www.domain1.comがすでに見えている状態でwww.domain1.com/bar/fooを見るには、barfooをセグメントとして入力してください。

URL ホワイトリストのメンテナンス

時間の経過とともにアプリケーションのURLやドメインが変わることが考えられます。
New Relicは、これらの変更に基づきアプリケーションのグルーピングを自動的に適応させますが、これらの変更は手動で行うことも可能です。上記の手順に沿ってホワイトリストにセグメントの追加、削除を行うことで、ニーズに合わせてURLのグループ化の方法を変更することができます。
自動グループ化のアルゴリズムの目的はURLを効率良くグループ化することではありますが、時に期待とは異なるグループが作成されることもあります。大量のURLグループや実用性に欠けるタームが作成されたり、その他のURLのグループ化の問題がある場合はsupport.newrelic.comでサポートを受けてください。

ページビューをコントローラー名と統合

2014年10月以降、New Relic Browserはメトリクスのグループ化に際し、ApplicationsController#showのようなサーバーサイドのコントローラーアクション名を使う代わりに、URLパターンを使用しています。New Relic Browserは引き続き、関連するバックエンド上で取得可能なNew Relic APMのメトリクスへのリンクを含みます。ただ、スタンドアローンの製品については、これらはNew Relic Browserの主要なグループ化の方法ではありません。

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次の通りです:

  • New Relic Browserにアプリを追加する (New Relic Browserでアプリを有効化する)
  • Browserの設定 (New Relic Browserのユーザーインターフェースから追加機能を有効化/無効化する)
  • Pageビュー ページ (ページビューのグループ化についての詳細な情報を見る)

New Relicのオンライン テクニカル コミュニティでBrowserを使ったモニタリングについて議論しましょう!トラブルシューティングや質問をしたり、Java ScriptエラーのレポートAJAXタイミングの詳細を話し合うことができます。