キャッシュページ
キャッシュページ

キャッシュページ

ページはブラウザーまたはサーバー上でキャッシュにできます。キャッシュページには古い(以前に生成された)アプリケーションや待ち時間が含まれます。

キャッシュページの検知

New Relic Browserはバックエンド時間の合計をアプリ時間および待ち時間と比較することでキャッシュページを検知します。アプリ時間と待ち時間の合計がバックエンド時間の合計よりも大きい場合、New Relic Browserはページがキャッシュであると想定し、アプリ時間および待ち時間を持つリクエストの総計を0とします。
以下にキャッシュページ利用上の注意点を記載します。

  • Java:アプリサーバーの「作業」キャッシュをフラッシュします。こうすることでアプリサーバーに再コンパイルさせます。
  • .NETflush_dotnet_temp.cmdコマンドを利用してasp.netキャッシュディレクトリを必ず空にしておきます。こうすることでアプリサーバーにページ読み込みのタイミングのインストルメンテーションを利用してASPを再コンパイルさせます。
  • Node.js:デフォルトでは、Node.jsはページをキャッシュにしません。
  • PHP:CDNに動的なページをキャッシュにさせる場合は必ずキャッシュにページ読み込みのタイミングのインストルメンテーションを含めます。
  • Python: アプリを再起動します。
  • Ruby:自動インストルメンテーションか手動インストルメンテーションかはヘッダーの情報から判断します。例えば、特定のWebページを無視したい場合、ユーザーインターフェースから自動ブラウザーモニタリングを無効にしてからタグ付けしたいWebページを手動でインストルメント化する必要があります。

ブラウザートレース

ブラウザートレースはキャッシュページの影響を受ける可能性があります。これは、ページ読み込みのタイミングのJavaScriptがユーザーやアカウント、生産情報に加え、アプリケーションのトランザクショントレースに対する参照を含む可能性があるためです。したがって、キャッシュページを開いた場合、ブラウザートレースで情報が重複することになる可能性があります。New Relic Browserはこれをできる限り認識し、防ぐように試みます。より詳しい情報を知りたい人は、ブラウザートレースを参照してください。

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。

  • ページ読み込みのタイミングのインストルメンテーション(JavaScript要素、データ伝送)
  • ページ読み込みのタイミングのプロセス(タイムセグメント、色、アプリサーバーリクエストとページ読み込みのタイミングの違いを含む概要)

New Relicのオンラインテクニカルコミュニティでブラウザーモニタリングについて議論しましょう!トラブルシューティングや質問をしたり、JavaScriptエラーレポートAJAXタイミングの詳細を話し合うことができます。