ブラウザーモニタリングとサーチエンジンの最適化
ブラウザーモニタリングとサーチエンジンの最適化

ブラウザーモニタリングとサーチエンジンの最適化

New Relic Browserは監視するサイトの各ページのヘッダーセクションに小さな「loader」スクリプトを配置しています。このJavaScritptのインストルメンテーションは以下の用途のために設計されています:

  • 全てのブラウザーでページの読み込みにかかる時間を正確に計測し、JavaScriptエラーやAJAXコールに関する詳細をレポートすることでフロントエンドのパフォーマンスに最大限の可視性を提供する
  • ページの読み込み時間の合計やサーチエンジンのランキング、インデックスの作成、効率の向上、またその他のSEO関連の問題を含むサーチエンジンの最適化(SEO)に与える影響を最小限に抑える

インラインJavaScriptの効率

ブラウザーモニタリングを行う上で最も効率の良い方法は、監視しているページのヘッダーに微小なJavaScriptのインストルメンテーションコードを含めることです。このコードはページの読み込みを終えた後に必要となる残りのコードを取得します。
他のブラウザーモニタリングの手法として、ページのボディ部分の最後にJavaScriptを含めるか、または外部のスクリプトを特別に使う手法がありますが、こうした手法ではエンドユーザー体験の可視性が制限されることがあります。

SEOに与える影響

New Relic BrowserのJavaScriptを使ったパフォーマンステストの結果がページの読み込み時間に与える影響はほとんど無視できます。さらに、サイト上でのユーザーやサーチエンジンのインタラクションに対して悪い影響を与えることはありません。
Googleはウェブサイト所有者に対して、ユーザーにとって有益でサーチエンジンの利用者がアクセスできるサイトを構築するように推奨しています。Googleランキングでは最も関連性の高い情報と最良のユーザー体験を提供しているサイトを表示しています。
New Relic Browserは、下記に示すようなパフォーマンスのボトルネックを特定することでユーザー体験を向上するために役立ちます。

  • 読み込みの遅いページ
  • 問題となるJavaScriptエラー
  • 長いAJAXコール

JavaScriptのエラーを特定することは特に有益ですが、それはAJAXに強く依存したウェブアプリケーションが提供するコンテンツにアクセスするためにGoogleのボットがJavaScriptコードをウェブサイト上で実行することが増えているためです。これまで人間のユーザーのみに見えていたJavaScriptエラー(例えばボタンが機能していないなど)は、現在ではGoogleのボットがサイトとの正しいインタラクションを行えるかどうかに影響を与えることがあるのです。
New Relicは、多くのビジネスにとってSEOやサーチエンジンが参照するトラフィックが極めて重要であることを理解しています。New Relic Browserを効果的に使うことでパフォーマンスやユーザー体験を改善し、Googleや他のサーチエンジンのサイトランキングを向上させることも可能です。

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次の通りです:

  • ページ読み込みのタイミングのインストルメンテーション(JavaScriptエレメント、データ送信)
  • ページ読み込みのタイミング処理(タイムセグメントや色を含むオーバービュー、アプリサーバーのリクエストとページ読み込みのタイミング、外れ値との差異)
  • New Relic Browserを使ってSEOを加速(SEOのヒントを掲載した2014年のブログの書き込み)