ブラウザーでエラーログの詳細を閲覧する
ブラウザーでエラーログの詳細を閲覧する

ブラウザーでエラーログの詳細を閲覧する

問題点

ブラウザーのコンソールを使って本番環境またはステージング環境からエラーメッセージの詳細を閲覧したいと考えます。しかし、New Relic Browserが有効になっている場合、ブラウザーのコンソールにエラートレースの詳細は表示されません。

原因

New Relicがエラーを記録するためには、エラーをキャプチャし、再度エラーを返す必要があります。しかし、ブラウザーのバージョンによっては再度返されたエラーのスタックトレースを表示しません。

解決方法

ローカルブラウザーでNew Relic Browserの開発モードを有効にします。New Relic Browser agentのバージョン593またはそれ以降にはコンソールから有効にできるこのビヘイビアの回避機能が備わっています。次の手順はChrome向けですが、他のブラウザーにも応用できます。

  1. Chromeでメニューアイコンを選択し、ツール詳細>JavaScriptコンソールの順に選択します。
  2. JavaScriptコンソールからローカルストレージ上で『nr_flags』に次の値を設定します。
  3. JavaScriptエラーを表示したいページをリロードします。エージェントはコンソールで『NR AGENT IN DEVELOPMENT MODE』を記録し、開発モードが有効になっていることを確認します。
  4. Webサイトを巡回し、追跡したいエラーをトリガーします。
開発モードを無効にするには、コンソールで次のコマンドを実行します。

関連情報

追加のドキュメンテーションリソースは次のとおりです。

ブラウザーエージェントをアップグレードする(互換性のあるバージェンのエージェントを利用していることを確認)

New Relicのオンラインテクニカルコミュニティでブラウザーモニタリングについて議論しましょう!トラブルシューティングや質問をしたり、JavaScriptエラーレポートAJAXタイミングの詳細を話し合うことができます。